栄光のジェイン × タッカンマリ×2 おいしいククスを作ってね!
牛肉ダシダを使っておうちでできる!絶品ククス(韓国風うどん)レシピ!
ククスってなに?
韓国で食べられる料理で、小麦粉で作ったうどんのような麺を言います。ドラマ「栄光のジェイン」で、主人公ヨングァンの実家が営むのも、「ククス」屋さんです。
「タッカンマリ×2」監修 牛肉ダシダを使ったカルグクス
1.ベーススープを作る 2.鶏チャーシューを作る 3.盛り付け用の具材を用意する

Aを鍋に入れ、水から弱火で茹でて、沸騰したら5分待つ。
5分経ったら牛肉ダシダを入れて塩と醤油で味を調整。
最後に大さじ1杯のゴマ油をいれる。

鍋にBと鶏モモ肉を入れ、沸騰したら中火で20分煮込む。

卵は、茹でて殻をむき、半分に切る。ホウレンソウは、沸騰したお湯に塩を入れ、1分煮たら冷水で熱をとって3〜4cmの長さに切る。わけぎは輪切りにする。

4.ククスを茹でる 5.盛り付ける コツ・ポイント

(1)のベーススープにカルグクスを入れて4分茹でる。

ククスが茹であがったら器にもり、具材をのせて完成。

ククス(orうどん)を茹でるときは、お湯ではなくベーススープで茹でるのがポイントです。

鶏チャーシューは冷蔵庫で1晩しめると綺麗に切れます。

「栄光のジェイン」って?
運命のいたずらを、跳ね返せ!ほんとの愛と幸せをさがすシンデレラストーリー
オフィシャルサイト

2010年韓国で視聴率NO.1を記録した大ヒットドラマ「製パン王キム・タック」。その監督&脚本家チームが再びタッグを組んだ話題作がついに日本上陸!

コデ商事の社長令嬢ジェインは、9歳の誕生日パーティーで運転手の息子ヨングァン(栄光)と出会う。副社長ソ・ジェミョンの息子イヌにけしかけられ野球に初挑戦したヨングァンは、ジェインの応援で人生初のホームランを放つ。しかしその数時間後に運命は一変。不慮の事故でジェインの父・ユン社長が亡くなり、病院に向かう母とジェインも交通事故に! 母は昏睡状態となり、ジェインは記憶を喪失。会社乗っ取りを企むジェミョンの陰謀で施設に入れられてしまう。17年後、看護師を目指すジェインが勤める病院に、プロ野球選手となったヨングァンとイヌが運ばれてくる…。親同士の因縁の過去に翻弄される3人の恋と人生。ジェインは運命に流されず、自らの幸せを求めて前向きに生きようとするが…。果たして彼女は真実の愛に巡り会えるのだろうかー!?

「タッカンマリ×2」って? 「牛肉ダシダ」って?

韓国・ソウルの名物料理でソウル発祥とされ、鶏を一羽丸ごと漢方の入ったスープで煮こんだ鍋料理「タッカンマリ」。シンプルな鍋には、鶏のエキスがたっぷりでソウルでは美容・スタミナ料理として人気があります。「タッカンマリ×2」は本場の味に日本風のアレンジを加えよりおいしく仕上げました。また、生マッコリサーバーを備え、タッカンマリのコラーゲンと生マッコリの生きた乳酸菌がダイレクトに美肌につなげてくれるタッカンマリ=美ヂカラ鍋の専門店です。

韓国料理には欠かせない、おいしさの決め手となる「牛肉ダシダ」。これ1つで、本格的な韓国料理が作れます。
じっくり煮込んだ牛骨エキスに玉ねぎ、ニンニクなどの野菜と薬味を配合。素材のおいしさが溶けこんだ粉末調味料。深い牛肉の旨味とコクが、いつものお料理を引き立ててくれます。韓国料理はもちろん、鍋物、スープ、炒め物、煮物、麺料理など非常に幅広くお使いいただくことができます。

公式facebookページ CJジャパン 商品サイト