第1話 はじまりはひとつのウソから

アルバイトで生計を立てながら甥のヤングァンと暮らすシャオシアは、ある日突然、家賃値上げを言い渡されアパートを追い出されてしまう。路頭に迷ったシャオシアは知り合いのハオジエに助けを求めるが、彼が出した条件は、1日だけ家族の前で恋人のフリをすることだった! シャオシアは、仕方なくハオジエの家族・チェン家が営む中華点心店“悦龍門(ユエロンメン)”に向かうが…。

第2話 ニセモノの婚約者

ハオジエの“婚約者”と“息子”としてチェン家に居候することになったシャオシアとヤングァン。ハオジエの父・チェンおじさんと三男・リーヤンは2人を温かく受け入れるが、次男・ハオフォンは最初からシャオシアが婚約者ではないと疑ってかかる。そして、店の手伝いを申し出たシャオシアに、3日以内に3回ミスをしたら出て行くように告げる。その夜、シャオシアはリーヤンから猛特訓を受け…。

第3話 チャンスはあと1回

ハオフォンの監視のもと1日で2回もミスをしてしまったシャオシア。それを見たリーヤンは、シャオシアを簡単な仕入れ担当に替え、幼なじみのシャオシャオに協力を頼む。しかし、数字が苦手なシャオシアはフォアグラを間違えて大量に注文。さらに、リーヤンとシャオシアの親密ぶりに嫉妬したシャオシャオは間違いに気づかないフリをする。激怒したハオフォンはシャオシアを追い出そうとするが…。

第4話 危機をチャンスに!?

チェン家を出たシャオシアをシャオシャオが連れ戻し、悦龍門(ユエロンメン)に笑顔と活気が戻った。それまでシャオシアに冷たく接していたハオフォンも、明るく一生懸命な彼女の姿に次第に心を開き始める。一方、シャオシャオはリーヤンの誕生日に想いを伝えようとサプライズイベントを企画する。そんな中、闇金業者から借金をしたハオジエは、交換条件として“チェン家の秘伝書”を渡すよう脅迫される…。

第5話 誰にも言えない秘密

偽物の秘伝書を渡したハオジエが、借金取りに襲われ入院する事態に。それでもなお一攫千金を夢見るハオジエは、父親から結婚の祝い金をもらうために、反対するシャオシアをよそに「彼女と結婚する」と嘘をつく。お祝いムードの中、2人のギクシャクとした雰囲気に疑問を感じるハオフォン。そんな矢先、ハオフォンのもとに以前密かに申請していたヤングァンのDNA鑑定の結果が届く…。

第6話 家族の一員

シャオシアはチェンおじさんにすべてを打ち明けようとするが、父親が傷つくことを心配したハオフォンがそれを引き止める。彼の説得により結婚は延期となり、罪悪感を感じたハオジエは姿を消してしまう。そしてハオフォンは、チェン家を去ろうとするシャオシアに「事情は秘密にするから残ってほしい」と願い出る…。そんな中、シャオシアの兄・シャオドンが悦龍門(ユエロンメン)の金を盗み逃亡する。

第7話 ウソの終わり

強盗犯が兄であることを明かせず思い悩んだシャオシアは、せめてもの償いにと自分とヤングァンがハオジエの婚約者と息子ではないことを打ち明け、チェン家を後にする。一方、ハオフォンとリーヤンは監視カメラの映像を頼りにシャオドンを捜し出す。そして、彼こそがヤングァンの実の父であり、シャオシアがヤングァンの実の父であり、シャオシアがヤングァンのために事実を隠していたことを知った2人は、彼女の行方を捜すが…。

第8話 告白大作戦

シャオシャオはずっと想いを寄せてきたリーヤンへの告白大作戦を企画。シャオシアはリーヤンを公園へ連れ出す役目を任せられるが、当のリーヤンはシャオシアに恋心を抱いていた。何も知らないリーヤンは、シャオシアへの想いを録音したボイスレコーダーを持って約束の場所へ向かうが…。その頃ハオフォンは、ヤングァンが運動会に父親を呼べず悩んでいることを知り、シャオドンに会いに行く。

第9話 通い始めた心

シャオドンは“自慢の父親”になるためヤングァンの運動会へ向かおうとするが、直前で取り立て屋に捕まってしまう。落ち込むヤングァンを前に、ハオフォンは自ら父親役を買って出る。そんな彼の優しさにシャオシアは少しずつ惹かれ始め…。そんな中、チェンおじさんはシャオシアが天性の味覚の持ち主だと知り、チェン家の料理を伝授することに決める。その日からハオフォンとの特訓が始まった。

第10話 予期せぬ大事件

チェン家に代々伝わる“秘伝の出汁(ダシ)”を台無しにしてしまったシャオシアとハオフォン。そんな矢先、チェンおじさんが突然、病に倒れる。ハオフォンは父がショックを受けないよう、シャオシアの味覚だけを頼りに出汁の再現を試みるが、どうしても原料の数種類が分からない。残りの原料を突き止めるため、ハオフォンは一人故郷の村へと向かうが、その車にはシャオシアが隠れていて…。