第21話 新たな迷い

マンリーの画策で仕入れが差し止められ、チェンおじさんも入院中で不在の中、ハオフォンとシャオシアは営業再開のために奮闘する。そこへ突然、レストランの資金繰りに失敗し体調を崩したシンホイが転がり込んでくる。病院に同行したシャオシアは、シンホイがハオフォンとの子供を身ごもっていることを知る。悩んだシャオシアは助言を求め、チェンおじさんから託された遺言状を開くが…。

第22話 それぞれの道

シンホイの妊娠を知ったハオフォンは、責任を取るため、チェン家を出てシンホイの面倒をみることを決心する。シャオシアもまた、チェンおじさんから貰ったお金で店を開き、独立することを決意。2人は互いを想いながらも、再び離ればなれとなってしまう…。そして、遺言状通り悦龍門(ユエロンメン)はリーヤンのものとなるが、マンリーは内装から料理の味までチェン家の伝統を捨て、すべてを変えようとする。

第23話 料理が持つチカラ

ハオフォンを説得してレストランの再開を決めたシンホイは、ハオフォンをフランス料理に専念させることを条件にマンリーから資金を借りる。そうとも知らないハオフォンは、シャオシアやヤングァンと一緒に大きな家で暮らす将来を夢見ながら懸命に働く。一方、シャオシアは点心屋台の開業準備に奔走。そんな中、シンホイはハオフォンとの結婚話を進め、シャオシアに介添人を頼む…。

第24話 愛という毒

ハオフォンがシャオシアを想い続けていることに不安を覚えたシンホイ。ハオフォンを自分のものにするためシャオシアを呼び出し、「彼と会わないでほしい」と言う。シャオシアはハオフォンを愛するがために、彼に別れを告げる。そして、それを聞いたハオフォンもけじめをつけるため、シンホイとの結婚を約束する。同じ頃、シャオシアの居場所を突き止めたリーヤンが、彼女を訪ねて来るが…。

第25話 ウソでつかんだ愛

ハオフォンがシンホイと結婚することを知ったリーヤンは、シャオシアに猛アタックをかけ始める。同じ頃、シャオシアが悦龍門(ユエロンメン)と同じ点心を売っているという報告を受けたマンリーは、手下にシャオシアの屋台を襲わせる…。 ハオフォンとの結婚を急ぐシンホイは、突然入籍日を前倒しし、シャオシアにパーティーに参加するよう言い含める。そんな矢先、ハオフォンに医師の友人から電話が入り…。

第26話 愛するということ

シンホイの妊娠が嘘だったことが許せないハオフォン。結婚を撤回してシャオシアの元へ戻るが、彼女は失明の恐れがある眼病を患っていた。ハオフォンの信頼を失ったシンホイは深い悲しみに暮れるが、シャオシアの優しい言葉に慰められ、本当の愛とは何かを知る。一方、笑顔が消えたリーヤンを見かねたシャオシャオは、シャオシアに「マンリーの手からリーヤンを救ってほしい」と頼むが…。

第27話 温かい家

船乗りの職を得たシャオドンは、ある日道端でヤングァンとぶつかり、彼が手にしていた模型を壊してしまう。後にその少年が自分の息子だと知ったシャオドンは、ハオフォンの助けを得て改めて再会を果たすが、ヤングァンはシャオドンを受け入れようとしない…。その頃、悦龍門(ユエロンメン)ではマンリーが記者会見を開く。その様子をテレビで見たシンホイは、自分を手助けした人物がマンリーだと気づき…。

第28話 幸せの時 vs 悦龍門(ユエロンメン)

マンリーは悦龍門(ユエロンメン)のチェーン店化を進める一方、売り上げ低迷に悩み、知人から多額の借金をしてなんとか凌いでいた。馴染みの客からも「味が変わった」と不満が寄せられる中、チェン家の味を守り続けるハオフォンとシャオシアの屋台が評判を呼ぶ。そこで、マンリーとリーヤン親子は、兄弟のどちらがチェン家の正式な後継者かケリをつけるため、ハオフォンに料理対決の挑戦状を叩きつける…。

第29話 みんなの光

寝たきりだったチェンおじさんの意識が回復し、彼からマンリーとの対立が生まれた経緯を聞いたハオフォンとシャオシア。それぞれに誤解があったことを知った2人は、リーヤン親子と和解することを決心する。そんな中、シャオシアが倒れ、目の手術を受けることになる。そして迎えた料理対決当日。ハオフォンは審査結果発表の直前に、手術中のシャオシアが危険な状態だという知らせを受ける…。

第30話 愛のレシピ

自分の負けを認め、家族の大切さに気づいたリーヤン。ハオフォンとも仲直りし、マンリーには過ちを認めるように諭す。ついにチェン家への誤解と確執を解いたマンリーだったが、彼女は莫大な負債を抱えていた…。一方、ハオフォンは無事に手術が終わったシャオシアに対して、プロポーズをする。しかし、シャオシアは結婚の贈り物として「3種類の愛のレシピ」が欲しいと言い出して──!?

ラブ・アクチュアリー〜君と僕の恋レシピ〜