ミーユエ 王朝を照らす月

Now Loading

総製作費58億円! 2016年中国視聴率No.1を記録したメガヒットドラマ! 中国4000年の歴史に君臨する《女帝》ミーユエの波乱に満ちた生涯を描く、豪華絢爛歴史エンターテイメント!

INTRODUCTION/イントロダクション

あなたは知っているか?あの武則天より遥か昔、天下に君臨した伝説の《女帝》がいたことをー! 国家統一の礎を築き、壮大な中国史に燦然と刻まれる美しき覇星、その名はミーユエ。遂にその姿がヴェールを脱ぐ!
中国統一を初めて成し遂げた王として語り継がれる名帝、秦の始皇帝。彼の高祖母として、圧倒的なカリスマと聡明さで秦の礎を築き上げた女性がいた。中国唯一の女帝として君臨した武則天よりも1000年近く昔に、本当の意味で初めて天下を制した女性、ミーユエ。彼女は一体、どんな生涯を送ったのかー!?
〈宣太后〉の名で知られるミーユエの一代記を描いた話題の歴史大作。ヒロインを演じるのは、「宮廷の諍い女」スン・リー。王族の血を受け継ぎながらも逆境に育ったミーユエが、秦王の寵愛を受け、次第に権力の座に上り詰めていくまでを、神々しいまでのオーラを放って熱演!また、「琅邪榜~麒麟の才子、風雲起こす~」のヒロインを演じたリウ・タオが、善から悪へと変わるもう1人のヒロインを演じる! 総製作費58億円を投じ、豪壮な宮廷セットや何千着もの華麗な衣装の数々とともに、後宮に咲き誇る艶やかな側室たちの嫉妬と陰謀渦巻く物語が観る者を圧倒! 2016年中国ドラマ視聴率1位など熱狂的人気を獲得しただけでなく、上海テレビ祭マグノリア賞3冠、中国版エミー賞で2部門の栄誉に輝くなど多くの受賞を達成した、2017年最高の豪華歴史絵巻がついに登場!

メインビジュアル

日本でも大ヒットを記録した「武則天」に続き、中国史上初の女性政治家の生き様を壮大なスケールでドラマ化!上海東方衛視と北京衛視の2局で視聴率1、2位を独走!
さらに上海東方衛視では開局以来史上最高の視聴率をマークした。
2016年度の中国TVドラマ視聴率で堂々のNo.1、中国歴代時代劇視聴率(※)では「武則天」に次ぐNo.2を達成!さらに動画配信サイトでの再生回数は200億回(2局累計)を超え歴代No.1を記録!その人気は海外にまで波及、アメリカ、カナダなど全世界規模で話題に!(※)2010年以降CSMデータ調べ

場面写真

中国史上初の女性政治家として秦の礎を築き上げた〈宣太后〉ミーユエは、武則天にも影響を与えたに違いない、本当の意味で初めて天下を制した女性。「宮廷の諍い女」や映画でも活躍するチェン・トンシュンが、きらびやかな衣装の数々や極上の装飾品など、豪華絢爛な宮廷を再現した圧巻のアートデザインにも注目!

場面写真

王の血を引きながらも庶子として生まれたミーユエが生きていくのは、日本の“大奥”よりも過酷な後宮の中。そこは、王の寵愛を巡って日夜うごめく嫉妬と野望、 嘘と欺瞞だらけの女同士の熾烈な戦場!そんな中で逆境を跳ね飛ばし、 聡明さと勇気と信念で、ついには最高権力の座へと上りつめていくミーユエの生き様は観るものを圧倒する!同時に、初恋の恋人の存在、王からの寵愛、我が子に注ぐ母性愛など、そのときどきに心揺れる女性ならではの繊細な感情も丁寧に描写され、ミーユエを応援したくなること間違いなし!
数千年の時代を超えて現代にも通用する愛とサクセスの壮大な傑作エンターテイメントが誕生した!

場面写真

どんな状況でも恐れを知らず真っ直ぐに生きるミーユエを演じるのは、 「宮廷の諍い女」スン・リー。また、ミーユエの義母姉で後に宮廷の覇権争いで悪女に変貌する羋姝(びしゅ)を演じるのは、「琅琊榜」リウ・タオ。その変幻自在な演技が絶賛され、数々のドラマ演技賞を受賞!さらに、チェン・カイコー監督の日中合作映画『空海-KU-KAI-』のホアン・シュアン、「後宮の涙」ガオ・ユンシャン、香港映画に多く出演しているアレックス・フォンなど、イケメン男優たちにも注目!
そして、監督、脚本などには大ヒット作「宮廷の諍い女」のスタッフ陣が再結集!

場面写真

CHART/相関図

CAST/キャスト

  • キャスト紹介
  • キャスト紹介
  • キャスト紹介
  • キャスト紹介
  • キャスト紹介
  • キャスト紹介
STAFF
監督:ジョン・シャオロン(鄭暁龍)「宮廷の諍い女」
脚本:ジャン・ションナン(蒋勝男)/ワン・シャオピン(王小平)

STORY/ストーリー

  • あらすじ
  • 1回〜第12
  • 13回〜第24
  • 25回〜第36

あらすじ

中国の戦国時代、楚の国の夜空に“覇星”が現れ、まもなく生まれる子が国を制するという予言が国王のもとに届けられる。ところが、生まれたのは男児ではなく女児だった。国王を父に侍妾・向氏を母に持ち、ユエ(月)と名づけられた女の子はすくすくと育つ。そんな彼女らを亡きものにしようと罠を仕掛ける王后・威后。ついに向氏は我が子を守るために決死の手段に出る。幼なじみの貴公子・黄歇は後宮から追放されたミーユエを支え、互いに愛を誓うが…。やがてミーユエは運命に逆らえず、義母姉 ・羋姝の秦への輿入れに同行。恵文王から寵愛を得たミーユエは次第にその才腕を発揮。朝政に参加し、秦の強大化への礎を築いていく…。

場面写真

第1回 覇星の誕生

紀元前338年。楚の国で天下を統べる覇者誕生の予兆である覇星が空に現れる。未来の覇者を身ごもる者が後宮にいるという太史令の言葉に、楚王は天下統一への期待を抱くが、王后は息子の羋槐の王位継承の障害と考え、覇星の誕生を阻止すべく陰謀を企てる。王后の毒牙をかいくぐり無事に誕生した覇星だったが、生まれた子供は女子だった。出産後すぐに川に流されたものの奇跡的に生き延びた赤ん坊は、楚王に月(ユエ)と名付けられ、母・向夫人のもとですくすくと育つ。

場面写真

第2回 姉妹の出会い

向夫人が懐妊。楚王はその知らせを吉兆だと考え、越と斉への出陣を決定する。無事男児を出産した向夫人は妃に昇格したのもつかの間、王后の策略にはまり、王宮から追放されてしまう。3年が経ち、ミーユエとその弟、羋戎は莒姫の元で暮らしていた。他の公主からの嫌がらせにも屈しないミーユエだったが、母向妃への思いは募るばかり。莒姫に懇願し再会が叶うが、そのひどい境遇に心を痛める。やがて、徐州での戦いに勝利した楚王が凱旋するが…。

場面写真

第3回 母の思い

後宮に戻った向妃は王后への復讐を果たすため毒を飲んで自害を図る。その死の瀬戸際、毒を盛ったのは王后だと楚王に告げたことで、王后と太子は王の怒りを買い、地位剝奪の危機に。莒姫はミーユエの弟、羋戎が太子の座を奪えると期待を膨らませるが、突然楚王が病に倒れ崩御してしまう。結局、太子の羋槐が楚王として即位し、王后は大王の母、威后としての地位を手に入れる。威后は先王の墓に共に殉葬する者の名簿にミーユエと羋戎の名を追加するが…。

場面写真

第4回 自由な日々

莒姫の犠牲によりミーユエと羋戎は殉葬を免れるが、威后から陵墓を守る命を受け侍女の葵姑と共に郊外へと追い払われる。それでも女医の摯や黄歇に助けられ、自由を謳歌しながら多くの学びを得るミーユエ。数年後、先王供養の祭礼のため王族一同が陵墓を訪れた際、毒草でかぶれた王后、鄭袖をミーユエが手当てをし、楚の公主だと明かす。さらにミーユエは羋姝との再会も果たす。楚王は、屈原と鄭袖の進言によりミーユエたちを王宮に戻すことを決定する。

場面写真

第5回 再び王宮へ

ミーユエと羋戎は葵姑と共に宮中に戻るが、下働きのように暮らす日々を送る。ミーユエを妹としてかわいがる羋姝は、威后の目を盗んではミーユエを誘い出す。宮中の学問比べで実力を示した黄歇の姿に心を奪われた羋茵は、彼に近づこうとするも相手にされない。葵姑の眼病に効く薬草を求めてミーユエは黄歇と共に南后の庭に忍び込むが、黄歇が捕らえられてしまう。自首したミーユエを罰しようとする威后に対して、威后に反感を抱く南后がとった行動は…。

場面写真

第6回 合従連衡

弟の樗里疾を伴い、視察と嫡公主を娶るため楚を訪れた秦王。楚では六国の同盟により秦に対抗する合従の手はずが整おうとしていた。ミーユエと葵姑は道端で、重傷を負った張儀という男を助ける。羋姝が庭で毒蛇にかまれるも、ミーユエの適切な処置によって事なきを得た。威后は姉思いのミーユエを側仕えとする。こっそり市場に繰り出したミーユエと羋姝は楚に恨みを持つ越人に襲われるが、居合わせた秦王と樗里疾に助けられる。羋姝は秦王に恋心を抱き…。

場面写真

第7回 替え玉

樗里疾は楚との姻戚関係を結ぶべく靳尚を買収。靳尚は樗里疾の入れ知恵で、秦からの贈り物と言って南后に夜光石を贈る。心を奪われた南后は秦と5国のはざまで悩む楚王に策を献じる。それは秦王に偽の公主を会わせるというものだった。羋姝とミーユエは、市場での恩人が秦王嬴駟だと知り驚く。秦王は一目で公主の替え玉を見抜くが婚姻を申し込み、楚王は承諾する。羋姝から誤解を解くよう頼まれたミーユエは、黄歇と張儀を伴って秦王の元を訪れるが…。

場面写真

第8回 消えた夜光石

秦王は自分の名前入りの手拭いを羋姝に贈る。張儀は諸国から美女を集める命を受け、軍資金1000金を獲得。南后はそんな張儀を買収し、楚王の前で自身を「天下一の美女」と絶賛させ、美女を集める旅を阻止する。威后は南后が持つ夜光石を借りて公主たちに披露するが、それを気に入った羋茵が威后に無断で持ち帰ってしまう。南后は楚王を通じて威后に夜光石の返却を迫るが、その所在が分からず盗難騒動に。羋茵はミーユエに濡れ衣を着せようとして…。

場面写真

第9回 幽閉

夜光石窃盗の罪を着せられ、脚切りの刑を言い渡されたミーユエ。黄歇と羋姝が無実を主張するも威后は聞き入れない。だが、南后の進言でミーユエは無罪放免となる。そんな中、黄歇に片想いする羋茵がミーユエへの嫉妬から、ミーユエが羋姝と秦王との間を取り持っていると威后に密告。ミーユエは処罰され月華台に幽閉されてしまう。同じ頃、魏の公主が楚王に献上され、楚王は美しい魏美人のもとに通い詰める。孤独な魏美人は幽閉されているミーユエと出会うが…。

場面写真

第10回 善意の裏側

羋茵は、幽閉中のミーユエが建物の外で魏美人と談笑する姿を目撃。威后は密告を受けミーユエに足かせを付ける。黄歇や羋姝が、ミーユエの居所を見つけられない中、羋茵はミーユエを亡き者にしようと、食事に毒を盛り始める。体に毒が回り弱っていくミーユエだが、魏美人の助けで命は取り留める。楚王が魏美人に夢中で、南后は心身ともに不調に陥るが、張儀から解決策をもらう。魏美人に接近し信頼を得た南后は、魏美人の鼻が曲がっていると信じ込ませ…。

場面写真

第11回 命の恩人

楚王の体臭を嫌って魏美人が鼻を隠しているという南后の妄言を信じた楚王は、魏美人を鼻そぎの刑に処す。ミーユエの幽閉場所を知った黄歇は救出に向かう。同じくして駆けつけた羋姝の助けも得て命を取り留めたミーユエは、黄歇と生涯添い遂げることを誓う。秦王は羋姝との縁談をまとめるため再び楚を訪れるが、その目的は合従の阻止と楚との同盟で、張儀に助言を求める。魏夫人の件で魏と楚の関係は悪化、6国の合従には暗雲が立ち込めていた。

場面写真

第12回 暗殺計画

楚王の怒りを買い鼻をそがれた魏美人は自害する。張儀が南后に献じた策が魏美人を亡き者にしたことを知ったミーユエは、張儀と絶交。秦王への対応に悩む楚王は、昭陽の進言で秦王暗殺を企てる。羋姝とミーユエはそれを秦王に伝えに行き、その夜、羋姝と秦王は結ばれる。宴に招かれた秦王は匕首で対抗、商於の割譲もちらつかせ、暗殺の危機を回避する。そこに趙の使者が帰国した一報が入り、趙との婚姻は破談に。羋姝は楚王に婚姻を認めるよう懇願し…。

場面写真

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

第13回 祭典の舞

秦王との結婚が決まった羋姝は、ミーユエに侍妾として共に秦へ嫁ぐことを提案する。ミーユエは将来を誓い合った黄歇のことを考え、それを固辞する。少司命の祭典では羋姝が舞を、その伴唱を黄歇が務めることになっていた。ところが、羋姝は羋茵が用意した酒のせいで不調を訴え、ミーユエに代役を頼む。祭典の後、黄歇は楚王にミーユエの降嫁を願い出るが、威后に制止されてしまう。しばらくして、黄歇は楚王が婚姻を許可したと知らされるが…。

場面写真

第14回 悲運の2人

ミーユエとの婚姻を阻まれた黄歇は、威后に抗議するも一蹴される。王宮から逃げる決心をする2人だったが、黄歇が金華台に軟禁されてしまう。ミーユエは威后の魔の手から逃れるため、羋姝の侍妾として秦に同行することを決意。威后は反対するものの、羋姝に押し切られ、最後にはミーユエの同行を許す。ミーユエは弟の魏冉と侍女の葵姑も秦へ同行させることにする。威后は、腹心の玳瑁を羋姝に付き添わせ、いざとなればミーユエを始末するよう命じる。

場面写真

第15回 祖国との別れ

羋茵と黄歇の婚儀の日、羋茵が部屋まで迎えに行くと黄歇は逃げた後だった。羋茵は羋姝の輿入れ式に乱入し、ミーユエを罰するよう申し立てるも一蹴される。ミーユエは楚に1人残る羋戎に別れを告げ、魏冉、葵姑と共に秦へと旅立つ。国境の町、襄城に着いた夜、ミーユエの部屋を唐昧が訪ね、覇星の由来を話す。ミーユエは唐昧を責め追い出そうとするが、ミーユエを狙った刺客の矢を受け、唐昧は絶命。やがて一行は国境を越え、いよいよ秦の領地へ入る。

場面写真

第16回 狙われた花嫁

武関へ到着した楚の一行。衰弱した羋姝のため、ミーユエは薬屋の店主、庸芮の助けで薬を購入する。その夜、再会した黄歇とミーユエは、3日後に出奔することを約束。ところが、羋姝が二人の計画に気付いていたことを知ったミーユエは、出奔は羋姝を咸陽に送り届けた後にすると黄歇に告げ、香袋を渡す。その後、羋姝の体調不良は秦の後宮を牛耳る魏夫人の策略だったことが分かる。咸陽へ向かって出発する一行を、黄歇と義渠王の翟驪が眺めていた。

場面写真

第17回 人質

秦に向かう楚の隊列を義渠が襲う。ミーユエは羋姝と一行を守るため、羋姝の外套を羽織って花嫁に成りすまし、一行から義渠を引き離す。ミーユエを助けに来た黄歇は戦いの末、崖から転落してしまう。ミーユエはおとりだったと判明するものの、義渠王の翟驪は男勝りなミーユエに惹かれ始める。楚の一行が咸陽に到着後、秦王はミーユエの解放の交渉に張儀、庸芮、嬴華を向かわせる。しかし不遜な態度の義渠王は支援の申し出にも簡単には歩み寄らず…。

場面写真

第18回 婚礼の儀

ミーユエは羊泥棒の少年を引き取り、狼に育てられた彼を狼(ろう)と名付ける。義渠王はミーユエを自分の妃にするため返還を拒否するが、張儀の仲介で最終的に食糧と引き換えにミーユエを秦に返すことで合意。秦に到着後、ミーユエは黄歇の遺体の捜索に向かうが、崖の下で彼の香袋を見つける。2人で約束した諸国を巡る旅に出ようとするミーユエの元に張儀が現れ、羋姝を狙う者が黄歇の死の元凶であると説いたため、ミーユエは秦の王宮に留まることに…。

場面写真

第19回 後宮の洗礼

婚礼の席で羋姝に対し言葉で攻撃を仕掛けてくる魏夫人に応戦し、魏夫人を黙らせたミーユエ。だが、秦王とその姉、嬴夫人は言外にミーユエをたしなめる。朝賀の場で魏夫人は前王后の遺品の茶碗でお茶を出すなど嫌がらせをする。羋姝がミーユエの助言通り、全員に同じ下賜の品を与えると魏夫人と従妹の魏少使は不満を抱くが、ミーユエの弁舌と王后の身分の前にやり込められてしまう。そんな中、ミーユエは大王の寵愛を受けない意思を改めて羋姝に告げ…。

場面写真

第20回 符節

魏夫人と魏少使の寝殿に前王后の遺品が続々と運ばれる。魏夫人は妃たちを集め羋姝への対抗を呼びかけるも団結しない。一方、蜂飼いに救われた黄歇は、自分の名前を含め記憶を失っていた。ミーユエは符節の存在を知り、義渠への内通者が王宮内にいると推理し秦王に報告する。樗里疾は魏夫人と公孫衍に疑いの目を向ける。ミーユエは粘土で符節を再現し記憶を甦らせるが、それを見た虢美人はミーユエが符節を偽造していると羋姝に訴え…。

場面写真

第21回 舌戦

王宮内にいる義渠との内通者についてミーユエは秦王に調査を願い出るが、後宮に波風を立てる行為だと非難され、符節の件は立ち消えに。国の安泰のために嬴華を秦の太子に立てたいとする魏王の意図を受け、公孫衍は魏夫人に張儀を買収させ立太子を進めようとする。これを知った羋姝とミーユエは、張儀に立太子に反対する進言をするよう頼む。魏夫人による根回しの結果、朝議では早急な立太子を求める意見で全会一致したかに見えたが、張儀が反対し…。

場面写真

第22回 勇み足

ミーユエは馬小屋で大公主の孟嬴に出会い、意気投合する。一方、楚王は斉と組み秦を攻めようとしていた。出兵を唱える公孫衍に対し、張儀は楚斉の同盟を壊してくると宣言。武関で羋姝を殺そうとした女官が魏夫人を訪ねるのを見たミーユエは、女を捕らえ大王の前で魏夫人ともども罪に問うも、その女は犯人の双子の妹だった。罰として庭掃除をするミーユエを嘲笑した虢美人に羋姝は罰を与える。そこにいた樊少使は階段から転落、その夜、産気づくが…。

場面写真

第23回 六百里

羋姝は大王に叱責され倒れるが、懐妊が原因だった。出産後の樊少使を見舞ったミーユエは、転落は何者かの悪意でないかと考える。楚から戻った張儀は、斉楚の同盟解消の見返りに六百里の地の割譲を約束したと報告。600里の土地と勘違いした大王は舌切りの刑を命じるが、ミーユエが誤解を解く。張儀が交渉を成立させたことで公孫衍との確執は深まり、騙されたと知った楚王は武関に兵を進める。魏夫人はこの機に息子の華公子を活躍させようと目論み…。

場面写真

第24回 王后の苦悩

秦は丹陽での戦いで楚に勝利する。このことで魏夫人と魏少使から嫌がらせを受けた羋姝は、祝宴中の秦王に楚との関係修復を直訴。さらに秦楚対立の原因を作った張儀を非難すると秦王は激怒し、取り乱した羋姝は倒れてしまう。秦王は後宮の実権を魏夫人に戻し、羋姝は安静のため外出禁止に。祖国と秦の間で板挟みの羋姝の苦悩をミーユエから聞いた秦王は、楚の捕虜を解放することを決意。そんな中、秦王が不在の際に魏夫人は冉を窃盗の罪で捕らえ…。

場面写真

  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24

第25回 最後の手段

嬴夫人のいる北の離宮を訪れた秦王は、庸芮が義渠人から買い戻したという「魏」の文字のある符節と魏からの密書の存在を知る。冉を捕らえた魏夫人はミーユエに縁談を持ちかけ、秦を離れるよう仕向けようとする。このままでは冉の宮刑が執行されると恐れるミーユエは秦王に助けを求め、身を捧げようとするが…。翌朝、冉は穆大監に救出されるが、小指を切り落とされていた。その頃、斉の国にいる黄歇は自分の名前やミーユエの記憶を取り戻していた。

場面写真

第26回 わだかまり

ミーユエは冉救出のお礼に大王の寝殿に赴くが、彼女の心中を知る大王は彼女と別々の寝床で眠る。翌朝、ミーユエが輿に乗って帰ったことで後宮中の噂になるが、ミーユエは羋姝には事情を話し、大王との仲をとりなすのだった。一方、魏夫人は公孫衍に貸した符節が戻らないことに焦りを募らせる。だが、公孫衍は義渠から交換条件を提示され、符節を取り戻せずにいた。そんな中、大王はミーユエに天下制覇の志を語り、手を貸してほしいと頼む。

場面写真

第27回 夜語り

羋姝は公子を産み、大王に蕩という名を賜る。名前に込められた意味を知った魏夫人は、息子の華が太子になる望みがないと失望する。大王はミーユエから聞いた黄歇との話に心を打たれ、またミーユエへの想いから、黄歇の新しい墓を建立する。その夜、ミーユエは大王に父威王との思い出を語り、楽しいひとときを過ごす。そして2人はついに寝床を共にし、寵愛を受けたミーユエは八子に封じられる。同じ頃、黄歇は蜂飼いに別れを告げ、秦へと旅立つ。

場面写真

第28回 守るべき分

孟嬴と共に北の離宮を訪ねたミーユエは、嬴夫人から大王の寵愛を独占しないよう厳しく諭される。燕から婚姻同盟を持ちかけられた大王は、張儀らの進言で縁談を進めることに。孟嬴は結婚相手が燕の太子ではなく、すでに50歳を過ぎた燕王だと知り猛反発。ミーユエは大王に思い直すよう直訴するが、大王は取り合わない。そこでミーユエは羋姝に大王の説得を頼み込む。最初は固辞した羋姝も、ミーユエに貸しを作りたいという打算から、それを承諾し…。

場面写真

第29回 公主の宿命

羋姝の寝殿を訪れた大王との間で孟嬴の縁談が話題に上がるが、羋姝は大王に同意するだけだった。絶食し結婚に抗議する孟嬴は、ミーユエを伴い嬴夫人のもとを訪れる。大王の説得をお願いするも、王族の定めだと諭されてしまう。孟嬴は結婚を受け入れ、ミーユエに出宮符を授け燕王に嫁ぐ。同じ頃、咸陽の街中で庸芮と知り合った黄歇は、黄欠と名を偽り庸芮宅に居候することになる。黄歇はミーユエが秦王の妃となったことを聞かされ驚くのだった。

場面写真

第30回 変転

秦王はミーユエを連れて四方館を訪れ、月2回の討論の日には男装を条件に参加を許可する。威后の訃報が届き、威后への思いが異なる芈姝とミーユエの間には距離ができる。義渠王に貸した符節は庸芮が買い戻したことを知った公孫衍。魏に戻ろうとした彼は城門で樗里疾に引き留められるが、大王の計らいで無事に秦を出る。その後、宮中にいる魏の手先の調査が始まる。符節が戻ってこない魏夫人は処罰は免れないと覚悟するが、魏長使が身代わりとなり…。

場面写真

第31回 血書

魏夫人は血書を携え大王に拝謁を請うが拒絶され、華公子とともに宮殿の外で一日中ひざまずく。折しも魏長使自害の知らせが届き、心を痛めた大王は魏夫人を許す。羋姝はミーユエら侍妾を集め、魏長使の遺児を引き取る意向を明らかにする。そんな中、四方館へやってきた黄歇は、ミーユエの姿を見かけ駆け寄るが、居合わせた張儀に諭され接触を断念。大王が魏討伐を画策していることを知った魏夫人は、華公子に魏討伐の先陣を切らせたいと願い…。

場面写真

第32回 光と影

木星と金星が月と同時に夜空に出現し、凶兆との噂が流れる。喜び事で厄払いをしようと羋姝は大王の誕生祝いの宴を主催するも、大王は「友人に会う」とミーユエを伴って去ってしまう。ミーユエは大王の口止めで行き先が商鞅の墓だったと羋姝に言えず、姉妹の間にわだかまりが残る。市場で女医の摯に出くわした黄歇は、自分が生きていることをミーユエに知らせるべく摯に文を託す。そんな中、ミーユエが懐妊。未来に進むミーユエの姿を見た摯はその文を焼き捨てる。

場面写真

第33回 動揺

大王が唐夫人の寝殿にミーユエを住まわせようとしていることを知った羋姝は、自分が住む椒房殿の離れを提供すると大王に提案。大王の承諾をもらう。その頃、張儀から咸陽を去るよう諭され、さらにミーユエの懐妊を知り絶望した黄歇は、楚に帰ることを決意。折しも市場で黄歇と女医の摯が話しているのを目撃した玳瑁は、黄歇が庸芮の屋敷に居候中ということを突き止める。そして、羋姝に口止めされながらもミーユエに反感を抱く孟昭氏に漏らしてしまい…。

場面写真

第34回 二つの思い

黄歇が本当に生きていることを知ったミーユエは、再会を決意。張儀は庸芮に、黄欠の正体が黄歇だと明かす。2人の件が取りざたされるのではという張儀の懸念通り、孟昭氏と玳瑁はミーユエを陥れようと画策するが、知らぬふりを決め込む羋姝に不満を抱く。その後、ミーユエと黄歇はそれぞれ「15日に四方館で待つ」という伝言を受け取る。公孫衍による六国合従策に対抗すべく討議中の大王のもとへ孟昭氏が押しかけ、ミーユエと黄歇の密会を告げるが一蹴され…。

場面写真

第35回 涙の決断

再会した黄歇と共に楚へ帰ろうとしたミーユエだが、大王を忘れられず秦にとどまる。1人城門を後にした黄歇は、大王に引き留められ酒を交わす。その後ミーユエは、2人の再会を手配したのは大王だと知る。女医の摯が強盗に襲われ負傷したため、艾氏が後任となる。臨月のある夜、激しい腹痛で目覚めたミーユエはすでに破水。艾氏の姿がなく、葵姑は椒房殿に助けを求めるが、玳瑁は侍医を呼ぼうとしない。女医の交代は陰謀だと主張した葵姑は拘束されてしまう。

場面写真

第36回 覇星の子

ミーユエの早産の知らせを受け王宮へ戻った大王は、玳瑁の独断がすべての混乱の原因と知り玳瑁を投獄する。ミーユエは、大王の励ましもあり、難産を極めながらも無事に男児を出産。侍医を唆してミーユエに毒を盛った罪で、玳瑁はさらし首の刑を言い渡される。羋姝は大王にとりなすようミーユエに頼むものの断られ、ミーユエへの敵意を募らせる。大王はミーユエの子を五穀豊穣の意を持つ稷と名付ける。ミーユエは玳瑁の件で羋姝を罪に問わないでほしいと大王に願い出るが…。

場面写真

  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 32
  • 33
  • 34
  • 35
  • 36

PRODUCTS&OA/商品&放送

SELL DVD/セル DVD

  • キービジュアル

    2017.10.3[Tue]RELEASE

    ¥16,000+税
    GNBF-3807/第1回~第12回/6枚組

  • キービジュアル

    2017.11.2[Tue]RELEASE

    ¥16,000+税
    GNBF-3808/第13回~第24回/6枚組

  • キービジュアル

    2017.12.6[Wed]RELEASE

    ¥16,000+税
    GGNBF-3809/第25回~第36回/6枚組

  • キービジュアル

    2018.1.6[Sat]RELEASEE

    ¥16,000+税
    GNBF-3810/第37回~第48回/6枚組

  • キービジュアル

    2018.2.2[Fri]RELEASE

    ¥16,000+税
    GNBF-3811/第49回~第59回/6枚組
    【特典映像】メイキング(予定)

  • キービジュアル

    2018.3.2[Fri]RELEASE

    ¥16,000+税
    GNBF3812/第60回~第70回/6枚組
    【特典映像】メイキング(予定)

  • キービジュアル

    2018.4.3[Tue]RELEASE

    ¥16,000+税
    GNBF-3813/第71回~第81回/6枚組
    【特典映像】メイキング(予定)

RENTAL DVD/レンタル DVD

DVDレンタル情報

2015年 中国ドラマ
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
© 東陽市花児影視文化有限公司 企画協力:NHKエンタープライズ

  • ※発売日、仕様、特典、ジャケット・デザイン等は都合により予告なく変更する場合がございます。
  • ※商品内容の変更等は当サイトにて順次ご案内いたします。

OA/放送情報

SPECIAL/スペシャル

第1回 特別配信中!

  • スペシャル映像
  • スペシャル映像
  • スペシャル映像

読めばもっと楽しめる!ドラマ鑑賞コラム

場面写真

 海外ドラマでは近年、「オクニョ 運命の女(ひと)」(韓国)や「女王ヴィクトリア 愛に生きる」(アメリカ)など、アジアから欧米まで男性に負けない活躍を見せる女性を主人公にした歴史ドラマが花盛り。日本でも大河ドラマ「おんな城主 直虎」が人気を集めているが、実はお隣中国でも同様のブームが猛スピードで進行中。強く賢いヒロインにスポットを当てた歴史ドラマが次々と登場しているのだ。

 中国の歴史といえば、日本で最も人気があるのは漫画『キングダム』や多くのゲームの原作となっている『三国志』だろう。そのため、中国の歴史ドラマというと戦国時代の英雄を主人公にした男らしいドラマをイメージする人が多いかもしれないが、実際は、経済発展とともにエンターテイメント市場も大きく成長を遂げてバブルを迎えた中国のテレビ界では、いまや歴史ドラマも若者や女性をターゲットにした娯楽色の強い作品が主流。さらに、世界のトレンドに乗って、歴史に残る偉大な女性の生き様や功績を現代的な解釈で描く作品が人気となっている。

 たとえば2015年には、中国史上初の女帝を描いた「武則天-The Empress-」が、中国で歴史ドラマの史上最高視聴率を記録。続いて2016年には、中国史上初の女性政治家を主人公にした「ミーユエ 王朝を照らす月」が、ドラマ視聴率No.1を記録した。舞台は、紀元前4世紀。史上初めて中国統一を成し遂げた秦の始皇帝の高祖母であり、歴史上では「宣太后」として知られる女性をモチーフに描いている。幼い皇帝に代わって政治の舞台で活躍した彼女は“鉄の女”ともいわれた女傑で、始皇帝が中国統一を実現するまでの礎を築いた人物だ。また、恋多き女であったとも伝えられており、今から2000年以上前の女性でありながら、愛に正直に生きたことをうかがわせる逸話も残されている。ドラマでは生涯で3人の男性を愛した彼女が、数奇な運命に翻弄されながらも、自分の強い意志でその人生を切りひらき、政治家として男性たちと渡りあう一方で、女性として恋愛にも身を捧げていく姿がロマンティックに描かれていくのが見どころだ。

 豊かな経済力と悠久の歴史を武器に、欧米のドラマにも負けない作品を生みだしている中国の歴史ドラマは、これからますます日本でも注目されていくはず。ヴィクトリアの命がけの恋に心ときめかせ、監獄で生まれ育ったオクニョの活躍にワクワクし、直虎のせつない運命に涙した人は、ぜひミーユエの愛と戦いの物語も楽しんでみてほしい。

場面写真

 2016年、中国女優年収ランキングでダントツの1位だったのは、約22億円を稼いだと推定されるファン・ビンビン。では、彼女に次いで約11億円を稼いだといわれる2位の女優は? それは、2016年に主演作「ミーユエ 王朝を照らす月」をドラマ視聴率No.1の大ヒットに導いた今年35歳のスン・リー。その実力とエキゾチックな美貌で、いま日本でもファンが急増中だ。

 デビュー間もない2004年、スン・リーはファン・ビンビン同様、日本のサントリー烏龍茶のCMに出演、カンフーをする凛々しく爽やかな姿を見せてお茶の間の話題をさらった。その後も、ドラマ「1メートルの光」「新・上海グランド」、映画『SPIRIT』ほか出演作がコンスタントに日本で紹介され、2013年、主演時代劇ドラマ「宮廷の諍い女」がBS フジで放送されると、その堂々たる熱演で改めて注目の的に。この演技でスン・リーは国際エミー賞・主演女優賞にもノミネートされ、国内外で演技派女優としての地位を確立した。

 そんな彼女が再び日本で話題を集めているのが、代表作「宮廷の諍い女」を上回る視聴率を記録した新作「ミーユエ 王朝を照らす月」である。本作で彼女は中国統一への道を切りひらき、激しい恋に生きた秦の始皇帝の高祖母・宣太后をドラマティックに演じて、中国で2016年のドラマ最高視聴率を獲得した。このように30代になってからも主演ドラマを次々と成功させることができるのも、彼女の高い演技力と人気があってこそ。中国では特に20~30代の女性から圧倒的に支持されているというスン・リーは、女優としてだけでなく、女性としても憧れの存在なのだという。

 というのも、彼女はその演技の才能でキャリアに磨きをかけ、その衰えない美貌で資生堂の中国限定ブランドAUPRESの広告モデルを務める一方、27歳で結婚した実力派の人気俳優ダン・チャオと二人の子供を育てる良き妻、良き母の顔も持っている。夫婦合わせたSNSフォロワー数は約9800万人、推定合計年収は32億円超で、まさにハリウッドのセレブ級! それでもプライベートは気取るところが全くなく、どんなに仕事が忙しくても夫婦で幼い子供たちを連れてたびたび 遊びに出かける普通のママの顔を見せており、まさに仕事と家庭を両立させて輝いている理想の女性像といえる。

 今年も主演ドラマ「那年花開月正圓(原題)」を大ヒットさせたスン・リーは、巨匠チャン・イーモウ監督による三国志映画「影(原題)」(来年中国公開予定)に夫婦揃って出演するなど快進撃が続く。今後、日本でもさらに熱い注目を浴びることになりそうだ。

場面写真

 坂口健太郎、菅田将暉、綾野剛……今、女性たちのハートをつかんでいるのは、あっさりとした顔の魅力的な“塩顔”男子。実は中国でも“塩顔”イケメン俳優ホアン・シュアンが大ブレイク中だ。『グレートウォール』でマット・デイモンと共演、2018年公開予定の『空海―KU-KAI―』では染谷将太の相手役をつとめるなど、今勢いにのって、国際的に活躍する注目の俳優の1人だ。「ミーユエ 王朝を照らす月」「女医明妃伝 ~雪の日の誓い~」「私のキライな翻訳官」などの中国ドラマでも注目を集める彼に注目してみよう!

 ホアン・シュアンは1985年生まれの32歳。演技派俳優として評価されているだけでなく、ディオールのアンバサダーを務め、ファッション誌のグラビアを飾るなど、スタイリッシュなカッコよさでも人気を集める存在だ。子どもの頃、マイケル・ジャクソンに憧れてダンスを始めたという彼は、北京舞踏学院という名門校の出身。体の線がきれいで身のこなしが美しいのも、元ダンサーと聞けば納得だ。

 そんな彼は在学中に早くも、世界的な巨匠監督の作品で国際的に華々しいデビューを飾るチャンスをつかんだ。チャン・イーモウ監督の映画『王妃の紋章』(2006)のオーディションに合格、王子役に抜擢されたのだ。ところが、脚本の変更で王子の年齢が19歳から14歳に引き下げられると、降板を余儀なくされることに。こうして涙をのんだ彼は、10年後にリベンジが叶ってチャン・イーモウ監督の米中合作映画『グレートウォール』に出演するまで、一から地道にキャリアを築いていくことになった。

 やがて、ホアン・シュアンに転機が訪れたのは2014年。この年、彼が盲目のマッサージ師を演じた映画『ブラインド・マッサージ』がベルリン国際映画祭の銀熊賞を受賞し、台湾のアカデミー賞・金馬奨で6冠に輝いた。また、彼はドラマ版「紅いコーリャン」で中国のエミー賞・国劇盛典のブレイクスルー男優賞を獲得。そして、翌年から2016年にかけて大河ドラマ「ミーユエ 王朝を照らす月」で「宮廷の諍い女」の名女優スン・リーと共演すると、さらに大きな注目を浴びることになった。

 「ミーユエ 王朝を照らす月」で彼が演じたのは、スン・リー扮する秦の始皇帝の高祖母・宣大后の初恋の相手で、彼女を一途に愛する黄歇役。高貴な出身で高い志をもちながら悲しい運命に翻弄される役どころは “塩顔”イケメンの彼にぴったり。時代劇衣装を美しく着こなす姿も視聴者をうっとりさせた。さらに、愛と信念を貫く黄歇の情熱や葛藤を見事に演じてみせた彼は評価を高めて、ついにトップスターの仲間入り。今では主演ドラマや映画を次々と成功させている。

 来年には染谷将太との共演でも話題の日中合作映画『空海―KU-KAI―』の公開を控え、今後日本でもブレイク間違いなしのホアン・シュアン。中国でのインタビューでは「挫折を味わったからこそ精神的にも成長できた。自分が情熱を注げる仕事は俳優しかない」と語っている彼の魅力を、彼の魅力をまずは「ミーユエ 王朝を照らす月」でチェックしてみては?

場面写真

その大きな資本力で近年はハリウッドにも進出している中国のエンターテイメント業界は、今が空前のバブル時代。ドラマ製作にもハリウッド並みの巨費が投じられ、世界をもターゲットにできる完成度の高い作品が次々と生まれている。なぜ ‘今’中国のドラマが面白いのだろうか?2016年最大のヒット作「ミーユエ 王朝を照らす月」(以下、「ミーユエ」)の例を見てみよう。

■映画並みスケールで撮影
今や中国ドラマは、映画同様の撮影手法で大規模ロケを行い、有名デザイナーが衣装を手がけ、CG処理にお金をかけるのは当たり前。2010年に放送され大ヒットした「三国志 Three Kingdoms」では製作費25億円が大きく話題となったが、その後、2011年「水滸伝」では製作費55億円、2015年「武則天」では製作費56億円が投じられるなどそのスケールは年々大きくなっている。そしてついに2016年には、製作費58億円を投じた時代劇大作「ミーユエ」が大ヒットした。ヒット作「宮廷の諍い女」のスタッフ・キャストが再結集し、人気歴史小説をドラマ化した本作は、時代考証に基づいて春秋戦国時代を再現、迫力のアクションと華やかなロマンス満載で秦が中国を統一する以前の歴史的背景を描き、中国で2016年のドラマ最高視聴率を獲得、インターネット視聴の累計再生数も最終回配信時点で200億を突破し、歴代記録を更新した。

■58億円…巨額の製作費の秘密
中国は21世紀に入ってから、知的財産権に関する法律が整備され、近年その保護政策も強化されてきた結果、多くの若者に支持されるヒット小説やゲームなどの知的財産(IP);を活用したドラマが、大きな流行を巻き起こすようになっている。
「ミーユエ」も放送前から宣伝タイアップが大々的に行われ、作品にちなんだ服飾品、お酒、電化製品、ゲームアプリなどが販売された。1992年まで知的財産権を守るベルヌ条約に加盟しておらず、偽物が横行していた一昔前の中国ではできなかったビジネスモデルだ。「ミーユエ」はこれら商品化も含めた版権収入だけで約58億円の製作費は、放送前に回収できたのではないかといわれている。

■世界に通用するレベルのドラマ
“IP(知的財産)ドラマ”の成功はさらなる投資を呼び、ドラマのクオリティの底上げにもつながっている。巨額の制作費を武器に作られた面白い中国ドラマは、国内だけでなく世界に通用するレベルになっている。実際、「ミーユエ」は日本、台湾、香港、シンガポール、マレーシア、韓国、ベトナム、カンボジア、タイといったアジア地域だけでなく、アメリカ、カナダの北米地域にも輸出された。日本でもここ数年、買い付けされる中国ドラマの本数は時代劇を中心に増加傾向だ。

潤沢な製作費が作品のクオリティを上げ、大規模なヒットと莫大な利益を生む好循環で、世界からも注目されるようになった中国ドラマ。「ミーユエ 王朝を照らす月」を観れば、今の中国ドラマが秘めている絶大なパワーと魅力を味わえるはずだ。