あらすじ

幼い頃に母と兄を事故で亡くし、父ジェヒョクと慎ましく暮らすジヌ。ある日、彼は女子大生イナからスリと間違われ警察に突き出されるが、天才的記憶力を発揮して無実を証明。これが2人の運命的な出会いとなる。そんな中、ジェヒョクは顔見知りの女性の遺体を発見するが、認知症で記憶が曖昧なことから被疑者として逮捕されてしまう。実際に殺人を犯したのは、傍若無人の振る舞いを続ける財閥御曹司のギュマンだった。父の濡れ衣を晴らしたいジヌはヤクザ出身の弁護士ドンホに依頼するも裏切られ、自ら弁護士を目指す。イナは、そんなジヌの心の支えになろうとするが…。