「万華楼〈ばんかろう〉~金糸が紡ぐ運命の恋~」ドラマ公式サイト

「招揺(しょうよう)」のバイ・ルー&「永遠の桃花」のライ・イー、世紀の美麗カップル誕生!

この恋、波乱万丈

2021.10.6[Wed] DVD RELEASE【SELL】DVD-SET1【RENTAL】Vol.1~5

第1回 特別配信中! 予告動画を再生する

キュートな“男前”ヒロインと高貴なツンデレ当主。相性最悪の2人がタッグを組んだら、まさかの恋が始まった!?シルク貿易の街と宮廷を舞台に、王位継承の陰謀に立ち向かい幸せを掴み取る、華麗なるドラマティック・ラブ時代劇!

“最旬ブレイク女優”バイ・ルーの新たな代表作が誕生!
“大ヒット作常連”ライ・イーとの豪華共演で、互いの魅力が爆発!

「2021 愛奇芸尖叫之夜・年間人気俳優賞」など近年数々の賞に輝き、今最も勢いと人気があるバイ・ルーがヒロインを熱演! 「招揺(しょうよう)」では稀代のダークヒロインを演じ、そのカッコよさで同性からも圧倒的な支持を獲得。本作と同時期配信のレオ・ロー共演作「半是蜜糖半是傷(原題)」も大ヒットを記録し、アレン・レンとの共演作や「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」のプロデューサーが手掛ける時代劇も待機しているなど、まさに大躍進中! 本作でも彼女の真骨頂である“カッコいいヒロイン像”を披露し、それだけでなくチャーミングな一面も併せ持つ魅力的なキャラクターとして視聴者のハートを射止めた。相手役には、「永遠の桃花~三生三世~」「如歌~百年の誓い~」「扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~」など、次々と大ヒット作で存在感を放っているライ・イー。端正な顔立ちと妖艶な色気で女性を魅了してきた彼が、本作ではひと味違った雰囲気を見せる。気品溢れるクールな佇まいで上流階級の憧れの的でありながら、想いを寄せるヒロインには不器用なアプローチしか出来ないツンデレキャラは破壊力抜群! 男勝りなバイ・ルーと対比されることで最高のケミストリーを生み出し、互いの魅力を最大限に引き出した!

頼れる“男前”ヒロイン VS
女性に触れない“麗し系”ツンデレ当主
身分も性格も正反対!
恋愛下手
だけが共通点の2人が魅せる
男女逆転の恋の駆け引きにキュン♥

上流階級が暮らす北側と、庶民が暮らす南側に分かれた地方都市・銀(ぎん)城。南側を取り仕切る商組織“竜竹幇(りゅうちくほう)”の女幇主・竜傲一(りゅうごういつ)は、仲間からの信頼も厚い姉御肌。一方、北側最大の商家であり絹織物業を営む“新絲路(しんしろ)”の当主・李清流(りせいりゅう)は、凄腕のデザイナーかつクールな商売人であり、雅な容姿に世の女性は虜。南側でたくましく生きてきた竜傲一と、北側で高貴な暮らしをしてきた李清流では何もかもが正反対! 当初は反発し合っていた2人だが、商いを通じて困難に立ち向かう中で、いつしか恋心が芽生え…。本作は中国で人気を集めている「甜寵劇」(男性主人公がヒロインを溺愛するラブストーリー)でありながら、ヒロインが強くてたくましい“頼れるヒーロー”、好きなくせに憎まれ口ばかりの男性主人公の方がおしとやかな“ツンデレお嬢様”のようだと、そのギャップにハマる視聴者が続出! 商売は得意なのに恋に不器用、さらに李清流は女性に触れないという弱点まで持っている。そんな2人の駆け引きは<じれキュン>の連続で、ようやく想いを告げようと思っても、予期せぬ展開がそれを阻止! 舞台は宮廷へと移り、壮大な陰謀によって引き離された2人はまたしてもヤキモキする攻防を繰り広げる。一筋縄ではいかない波乱万丈な運命的ロマンスから目が離せない!

シルクロード貿易が盛んな唐代末期――
絹織物商売で栄える街で、
自分を貫くヒロインが商才を開花!
後半は陰謀渦巻く宮廷劇へと突入する、
ロマン溢れるサクセス物語も痛快!

時代は「麗王別姫~花散る永遠の愛~」でも描かれた【安史の乱(755~763年)】以降、皇帝・代宗が治めていた唐代末期。節度使が統治する地方都市・銀城はシルクロード貿易で栄えていた。庶民が住む南側で商売を仕切っていた竜傲一だが、ひょんなことから北側の新絲路で働くことになり、当主の李清流から商売の神髄を学び始める。学は無かった竜傲一だが、実戦で商売経験を積んできた彼女は、ビジネスチャンスへの嗅覚は鋭く、すぐさまその商才を開花! 突飛なアイディアで新絲路の危機を救い、ついには李清流と共同で店を起こすまでに! そんな中、李清流の出自が赤子の頃に謀反から逃れた皇子だと発覚! 出生の秘密を知った李清流は竜傲一を残して都に戻る決断をするが、謎の陰謀に巻き込まれた竜傲一はある目的を胸に李清流の側室として宮中に入り込む。そこからの愛憎入り混じる権力闘争は怒涛の展開! ラブストーリーとしてだけでなく、クライマックスへ向けて上り詰めていくサクセスストーリーも見ごたえ十分!

「明月記」ファン・イールンほか、美男美女キャストが集結!
ヒロインをめぐる熾烈な三角関係や、サブカップルの恋模様にも釘付け!

龍傲一に想いを寄せるもう1人の皇子・李昭(りしょう)には、「絶世令嬢~お嬢様はイケメンがお好き!?~」「明月記~夢うつつの皇女」のファン・イールン。ディリラバ主演の大ヒット時代劇「長歌行(原題)」のメインキャストとして活躍し、「寵妃の秘密」シリーズ3作目にも出演する彼が、THE王子様キャラの甘いマスクでヒロインに猛アプローチ! さらに、「酔麗花~エターナル・ラブ~」シュー・ムーチャンが李清流への想いを秘める令嬢を演じ、「愛しい僕のラッキーガール」ジャイ・ズールーと「世界上最動听的你(原題)」ホウ・ペイシャンのサブカップルは主人公たちも羨むほどの甘々なラブコメディを展開。ジャイ・ズールーは、ヤン・ズー&シャオ・ジャン主演の話題作「余生,請多指教(原題)」の3番手に抜擢されるなど、今注目の若手俳優の1人。その他、「紅蓮伝~失われた秘宝と永遠の愛~」スン・イーファン、「陳情令」ツァオ・ジュンシアンなどの若手イケメン俳優も豪華共演!

うっとりするほど美しい、高貴な絹織物の数々!
市井の賑やかな街並みから煌びやかな宮廷まで作り上げた、多彩な美術にも注目!

主人公が絹織物商家という設定だけに、目を奪われるのは何と言っても光沢感と気品漂うシルクの数々。美しい刺繍が施された色とりどりの衣装が次々と登場し、毎回違った着こなしで現れる登場人物たちは、まるで高級ファッションショーのようなときめきを与えること間違いなし! 物語が進むにつれて洗練されていくヒロインにも注目。また本作の特徴として、市井の商売人たちの物語を描いているのが、これまでにない作風。庶民の暮らす賑やかな街並みや煌びやかな宮廷も登場し、1本の作品では味わえないような多彩な美術に心を掴まれる!

あらすじ

シルクロード貿易が盛んな唐代末期。絹織物産業で栄える地方都市・銀(ぎん)城は、万華楼〈ばんかろう〉を境に上流階級の住む北城と、庶民が住む南城に分かれていた。南城の覇権を争うのは、竜竹幇(りゅうちくほう)と蛇幇(じゃほう)の二大組織。あくどいやり方の蛇幇に対し、庶民の味方である竜竹幇の女幇主・竜傲一(りゅうごういつ)は街中から頼られる存在だった。ある日、北城最大の絹織物商家・新絲路(しんしろ)から貴重な金糸が盗まれる。当主の李清流(りせいりゅう)に犯人だと疑われた竜傲一は、濡れ衣を晴らすため新絲路で働くことに。身分も性格も違う2人は反発しながらも惹かれ合っていくが、彼らを待ち受けていたのは宮廷に関わる危険な陰謀だった。しかも、李清流は自分が皇子だという出生の秘密を知り…!

1 万華楼ばんかろうでの大勝負

シルクロード貿易が盛んな唐代末期。絹織物産業で栄える銀(ぎん)城は、上流階級の住む北城と庶民が住むにぎやかな南城に分かれていた。とある日、その境目にある万華楼(ばんかろう)で、2つの会合が開かれていた。李清流(りせいりゅう)が率いる都でも大人気の絹織物商店・新絲路(しんしろ)による新作発表会と、南城の覇権を争う二大組織・竜竹幇(りゅうちくほう)と蛇幇(じゃほう)による商売の権利をめぐる会合だ。竜竹幇の新しい女幇主・竜傲一(りゅうごういつ)は、持ち前の度胸と知恵で蛇幇から権利を勝ち取るが…。

2 盗まれた金糸

賭けに負け、繭の取引権を竜竹幇に奪われた蛇幇は、承服できずに奪還の機会を狙っていた。賭けの様子を見ていて興味を持った第六皇子の李昭(りしょう)は、配下に調べさせ、竜傲一が五雲(ごうん)閣という妓楼に住んでいることを知る。その頃、新絲路には刺繍に使う金糸が届くが、箱を開けてみると中は空で、盗まれていた。盗人の物と思われる服の切れ端から、竜傲一の住む五雲閣に手がかりがありそうだと知り、乗り込んでいく李清流だったが…。

3 二人一緒に

競りで竜傲一に勝ち、金糸を1万両の高値で買い戻せたと思っていた李清流だが、箱の中にあったのは別物だった。李清流は金糸を盗んだのは竜傲一だと疑い、彼女を捕らえた拍子に、その場にいた李昭を負傷させてしまう。そのことで2人とも牢獄に入れられ、翌朝まで同房で過ごすことになる。投獄の知らせを聞いた炎彬(えんひん)と小芹(しょうきん)は差し入れを持って面会に訪れるが、竜傲一は小芹から、町で竜竹幇の悪口が広まっていることを聞かされる。

4 馬子にも衣装

李昭を負傷させた罪で投獄された竜傲一と李清流だったが、銀城の町では、金糸を盗んだのは竜竹幇の仕業だという噂が広まっていた。金糸が無くなったせいで新絲路の職工は仕事を失い、その恨みから竜竹幇の縄張りの店に難癖をつける騒ぎまで起きていた。そんな中、七眼(しちがん)の指示で牢獄に入り込んだ蛇幇の構成員が、竜傲一の暗殺を試みる。しかし、李清流がそれを阻止。誤解が解けて2人が釈放された頃、李昭が新絲路にやってきて…。

5 住み込み始めます

杜長風(とちょうふう)の屋敷で開かれた宴席にて、李昭や業界の会頭たちの前で舞を強要された竜傲一は、見事に踊りきり、褒美の財宝を持ち帰って竜竹幇の仲間たちと分け合っていた。だが竜傲一の元には仲間から「金糸が無くなった前日に、新絲路の裏口で大春(だいしゅん)を見かけた」などの不利な情報がもたらされる。竜竹幇への疑いを晴らすため、竜傲一は新絲路に住み込みで働きながら、犯人捜しをすることになる。一方、李昭は銀城での税務調査を続けていた。

6 深夜の捜査

新絲路に住み込み、金糸泥棒について調べていた竜傲一は、倉庫内に手がかりを見つけ、夜中に李清流と2人で調べに入る。金糸に関する機密を断片で握っている新絲路の主管たちが、裏でつながり、犯行に及んだかもしれないと竜傲一は疑っていたのだ。一方、身分を隠して税務調査をしていた李昭は、賭けを通じて近づいた白小山(はくしょうざん)をいよいよ追い詰めるが…。そんな中、李清流は嫌がらせにより原材料を入手できなくなったことに頭を抱えていた。

7 知恵と度胸

騎射大会で接待してもなびかない江南の商人・沈一貫(しんいっかん)だったが、李清流と賭けで交流することに。賭けに加わった竜傲一の助けにより、沈一貫は取り引きに応じ、新絲路は無事に原材料を入手できることになった。職工と次第に親しくなった竜傲一は、新絲路の内部に高利率の銭荘(せんそう)があると知り、竜竹幇の全財産を預けることにする。金糸泥棒を追っていた竜傲一と李清流は、新絲路の会計係の主管が南城にある闇の銭荘に出入りしていることを知り…。

8 金糸衣の完成

金糸を取り戻した新絲路は、衣を完成させるべく生産を再開。金糸泥棒の疑いをかけられていた大春の汚名をそそげたうえに、新絲路に預けていた竜竹幇の全財産も利息がついているはずだと喜ぶ竜傲一。労をねぎらうため、李清流は竜傲一を含め全員を湯あみに連れていく。楽しい時間を過ごすが、その間に新絲路は帳場が封鎖され、銀子を動かせなくなっていた。新絲路が難局を切り抜けたことを知った李昭と杜長風が、税務官を差し向けたのだった。

9 新たな挑戦

新絲路に住み込むことを条件に、竜竹幇が生糸を卸すという約束を取り付けた竜傲一は、苦手なそろばんをはじき、仲間たちに稼がせることを懸命に考えていた。帳場を封鎖され、資金を動かせない李清流は、元手をかけずに作れそうな女物の肌着を作るよう職人に命じる。竜傲一や李昭も加わって新たな肌着を考案し、試しに街で売ってみるが、それが波紋を呼ぶ。炎彬は講談本を贈ることで小芹との距離を縮めるが、李清流の方は素直になれず…。

10 意外な才能

竜傲一が作った肌着は、街で評判になったものの役人に見とがめられる。杜小仙(としょうせん)は怒り心頭だったが、竜傲一は「肌着は着心地が大切だ」と譲らなかった。100着の注文も入り、得意げな竜傲一に対し、李清流は着心地と実用性を兼ね備えた、新しい胸当てを作るよう命じる。試行錯誤の末にようやく完成させた竜傲一だが、保管していた倉庫から火の手が上がり…。一方、杜小仙は李昭に、自分は父親の手駒であるという寂しい胸の内を吐露する。

11 まめな男 不器用な男

倉庫の火事で竜傲一はやけどを負ったが、命がけで商品を火事から守ったことで職人たちの人気者に。火の中から竜傲一を助け出したものの、手当てする役を李昭に取られ、商品を守ってくれた感謝を素直に伝えられない李清流。食事の席で優しさを見せようとしたり、贈り物をしたりするが、うまくいかない。竜傲一もその気持ちに気付けるはずもなく、李清流の行動を訝しがるばかり。いよいよ肌着の発売日を迎えるが、新絲路の前で蛇幇が暴れだし…。

12 浮き浮き枕

デザイン部門である意匠堂の堂主になった竜傲一は、早速新しい商品の浮き枕を考案し始める。李清流とともに試行錯誤する中、竜傲一は李清流を連れて、なじみの南城の屋台に出かける。竜傲一に勧められ、こわごわ肉を食べ始める李清流だが、自分とは縁遠かった彼女が生まれ育った環境に親しみを感じ始める。その時、屋台の店主が不眠に悩んでいると知った竜傲一は、また新たな商売を思いつく。杜小仙は李清流と竜傲一の仲に嫉妬心を募らせ…。

13 すれ違う二人

李昭(りしょう)の手助けもあり、竜竹幇(りゅうちくほう)で作った安価な枕は完売し、予約まで入る人気ぶりだった。儲かった銀子で、新絲路(しんしろ)の職人にもごちそうする竜傲一(りゅうごういつ)だったが、李清流(りせいりゅう)が来て「模倣品を作った」と責め立て、怒った竜傲一は新絲路から出ていく。廉価版の枕を作った意図を李清流に理解されず、師匠である鳳(ほう)おかみと、やけ酒を飲んでいた竜傲一は、「七眼(しちがん)が現れた」の報に、夜半、呂乗雲(りょじょううん)とともに七眼を追うが、廃屋へ導かれ、そこで目にしたのは…。

14 幇主の行方

七眼が配下の行商人を刺殺した現場に居合わせた竜傲一は、殺しの嫌疑をかけられ、捕らえられそうになるが、ケガをしつつも、廃寺へと逃げ込んでいた。町のあちこちにお触書が貼られ、竜傲一を捕らえた者には懸賞金が出されることになっていた。李清流は竜傲一の行方を捜す中で、行商人殺しは竜傲一ではないと確信する。一方、七眼は、指示通りに行商人を殺したのに、役人が約束を守ってくれないことに怒り、行動を起こそうとしていた…。

15 節度使せつどしの罠

竜傲一を人質にして李清流を呼び出した七眼は、通関証を奪ったうえ、2人を窯の中に閉じ込めていた。2人を捜す鳳おかみや炎彬(えんひん)たちは、見つけた手がかりから窯場がある辺りではないかと推測し、急ぎ救出に向かう。それより一歩早く、窯では火が焚かれ、李清流は身を挺して竜傲一を守っていた。一方、通関証を手に入れた七眼は、繭を売りさばくべく、郊外へと向かっていた。安値ではあったが、胡人(こじん)が買ってくれることになっていた。

16 七夕の夜に

李清流の心が竜傲一に傾くのを心配する杜小仙(としょうせん)に、侍女の月児(げつじ)は、「竜傲一の真似をし、皆の心をつかむほうがいい」と助言していた。杜小仙は職人たちに優しくなり、李清流との距離を縮めようと七夕の夜に遊覧船を借り切る手配もしていた。郊外の寺から戻った李昭は、竜傲一に会うため、五雲(ごうん)閣に足しげく通っていた。七夕の夜、李清流、竜傲一、李昭、杜小仙の4人で千灯会(せんとうえ)へ行くことになったが、竜傲一がそこで開かれる歌会に出ることになり…。

17 東女とうじょ国 女王への贈り物

七夕の夜、千灯会の歌会で下手な詩を披露し、李清流から馬鹿にされたと感じた竜傲一は、教養を高めるべく、竜竹幇の仲間に読書を命じ、内容を報告させていたが、町で今、1番人気がある話は、窯場にいた陶芸職人が作った李清流と竜傲一の噂話だった。一方、李清流は、長安から戻った節度使(せつどし)の杜長風(とちょうふう)から東女(とうじょ)国への贈り物として、夫婦の情交図である「女児図(じょじず)」を作るよう命じられるが、竜傲一の協力なしでは進められないという苦境に陥っていた。

18 幼なじみ

女児図を作るにあたり李清流と竜傲一で新しい商店、青竜号(せいりゅうごう)を設立することになったが、期待していた告白がなかったことで、竜傲一の心は荒れていた。青竜号が成立した祝いの席に杜小仙が現れ、抑えきれない胸の内を吐露し、涙を流して去る。そんな杜小仙を李清流が追いかけるも、杜小仙は昔のような関係には戻れないのだと嘆き悲しむ。その夜、李昭に招かれた杜小仙は、互いの境遇を思いやり、酒で憂さを晴らす。その事を耳にした李清流は…。

19 密書の存在

李昭の助けと竜傲一の奔走により、生糸は手に入り、女児図は無事に仕上がった。打ち上げの席で、李清流は竜傲一に熱いまなざしを向けるも、想いを打ち明けられず、青竜号の事業継続を提案。そんな李清流の態度に竜傲一は解散を宣言するが…。酔った李清流を介抱していた呂乗雲は、怪しい動きを見せる。一方、杜小仙は父親から、先に長安へ行くように命じられ、李清流へ文を送る。その頃、杜長風は自分を訴える密書が長安に届いたことを知る。

20 新たなる商売

東女国への贈り物を届けるために銀(ぎん)城を出発していた李清流、竜傲一たちは、途中、飢きんによる避難民に会い、朝廷が必要とする食糧等を水運によって輸送する「漕運(そううん)」という事業を見いだし、協働する相手を求めて、長江(ちょうこう)上流に本拠地を置く漕幇(そうほう)の翁大有(おうだいゆう)に会いに行く。そして、炎彬と小芹(しょうきん)を銀城での準備のために帰らせた李清流と竜傲一は異民族の集落、哲羅(ジュラ)集落にたどり着く。一方、銀城では、杜長風が商家たちに重い徴税を課していた。

21 共鳴する二人

女が主導権を握る異民族の習俗に戸惑い、夜ばいをかけられた李清流は、竜傲一の部屋に逃げ込んでいた。翌朝、役所から渡された箱の中身を疑った李清流と竜傲一は、首領の娘である玉烏阿吉(ユウアジ)らの案内で関所を通らず東女国へ向かう。一方、都では李昭が母の徳(とく)妃に命じられた宴への出席を拒否し、叱りに来た徳妃に、それまで抑え込んでいた苦悩や不満をぶつける。その頃、銀城にいた杜長風は、李清流と竜傲一を捕らえるべく、国境へ向かっていた。

22 宮中からの使い

東女国へと向かっていた李清流と竜傲一は、国境付近で杜長風ら官兵に捕まり、銀城に連れ戻され、重罪に問われていた。そこへ、2人を救出すべく、竜竹幇の呂乗雲、さらに、元(げん)宰相が現れ、驚くべき李清流の出生の秘密を明かす。無事に銀城へ帰ってきた竜傲一だったが、離れ離れになった李清流を想いながら酒に身を任せていた。その頃、賑やかな五雲(ごうん)閣から出た鳳おかみは、ある墓の前にいた。そんな鳳おかみの様子を見張っている者たちが…。

23 長安へ

長安行きが決まった李清流は、竜傲一に気持ちを伝えようと、新絲路で会う約束をしていたが、時間になっても竜傲一は現れない。親代わりだった五雲閣の鳳おかみを直前に殺されては、来られるはずもなかった。李清流は竜傲一へ、炎彬は小芹へ、それぞれ想いを文にしたため、長安へと出発していった。再び銀城を訪れていた李昭も、鳳おかみの死を知るが、慰めたい相手である竜傲一には会えず、長安へ戻る。竜傲一は小芹とともに姿を消していたのだ…。

24 師匠の形見

宮中では、朝議の場で李清流は皇帝から、皇子であることが宣言され、均(きん)王に封じられた。そして、朝廷での役職のみならず、縁談についても話し合われ…。一方、長安の旅館で刺客に襲われた竜傲一と小芹は、金吾衛(きんごえい)の将軍職に戻っている呂副幇主から、鳳おかみの形見である白錦鯉(はくきんり)の玉佩(ぎょくはい)について、「卜語(ぼくご)閣なら、何か分かるかもしれない」と聞き、早速訪れ、謎めいた女主人と勝負の賭けをする。その帰り道、竜傲一は再び刺客に襲われる。

SELL

17,600円(税抜16,000円)

GNBF-5587/第1話~第12話/6枚組

  • 【封入特典】リーフレット(4P)

17,600円(税抜16,000円)

GNBF-5588/第13話~第24話/6枚組

  • 【封入特典】リーフレット(4P)

17,600円(税抜16,000円)

GNBF-5589/第25話~第36話/6枚組

  • 【封入特典】リーフレット(4P)
  • 【映像特典】メイキング(予定)

RENTAL