「双嬌伝(そうきょうでん)~運命の姉妹と2人の皇子~」ドラマ公式サイト

第1回 特別配信中! 予告動画を再生する

玉座を得る鍵となる美しき姉妹と義兄弟の皇子― 運命に引き寄せられた2組の男女が繰り広げる、波乱万丈ドラマティック・ラブ史劇!

「武則天-The Empress-」アーリフ・リー×「燕雲台-The Legend of Empress-」モン・ズーイー×「シンデレラ・シェフ~萌妻食神~」リー・イートン×「剣王朝~乱世に舞う雪~」ワン・ジュオチョン
をときめく美男美女スターの華麗なる共演実現!

「武則天-The Empress-」で“史上最高のイケメン皇帝”と絶賛され、その後主演した「白華の姫~失われた記憶と3つの愛~」を大ヒットへと導いたアーリフ・リー。今や時代劇には欠かせない存在となった彼が、情熱的な皇太子を男らしさ全開で熱演し、唯一無二のカリスマ性を披露! そんな彼を側で支える賢明なヒロインを「陳情令」「燕雲台-The Legend of Empress-」のモン・ズーイーが演じ、知性で逆境をはねのける痛快さと気品に満ちた美しさで観るものを引き込む! また、“SNH48”のグループ総選挙で2年連続1位の快挙を成し遂げたリー・イートンが、武芸に長けたもう1人のヒロインに変身。華麗なアクションも見事にこなして女優としても大成長! そして彼女と気持ちを通わせる義侠心あふれる青年役には「陳情令」で脚光を浴びたワン・ジュオチョンが抜擢され、子犬のような笑顔と男気のギャップで乙女心を掴み取る! 異なる魅力を放つ4人は、互いを補完し合うキャラクターと見事にシンクロし、極上のハーモニーを生み出した!

運命の糸で結ばれた4人男女が、を武器に宮廷の陰謀立ち向かう!
予測不能エキサイティング・ラブ史劇!

「符(ふ)家の娘を娶れば帝王となる」―そんな歌が流行する霊陽(れいよう)の都。次期皇帝として期待される薛栄(せつえい)は符家の長女・玉盞(ぎょくさん)を殺して次女・金盞(きんさん)を娶るよう密命を受けるが、思いがけず玉盞に惹かれていく。一方、江湖を流浪する賊・江紹(こうしょう)が人違いで金盞をさらってしまったことで、4人の運命が動きだす―。聡明で決断力に優れる薛栄と玉盞、真っ直ぐで物怖じしない金盞と江紹。運命的に出会った彼らに、皇位を巡る陰謀や入れ違いの婚姻、出生の秘密など、衝撃的な出来事が次々と降りかかるが、4人は力を合わせて困難を乗り越えながらそれぞれの愛を育んでいく。手に汗握るサスペンスの傍ら、実は恋愛が初めての薛栄と玉盞のもどかしくも純粋なロマンスや金盞と江紹の可愛らしい愛情表現など、ときめくシーンも満載で、ハラハラと胸キュンが緩急自在に繰り広げられる、まさにジェットコースター時代劇! 物語が進むにつれてさらなる試練が襲いかかるが、逆境になればなるほど愛と絆を深めていく“Wカップル”の姿はこれまでのドラマにはない新鮮さで、釘づけとなること確実!

「独孤伽羅~皇后の願い~」監督×「擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~」脚本家
超一流スタッフが贈る、めくるめくロマンス絵巻ついに登場!

監督は「独孤伽羅~皇后の願い~」『セブンソード 修羅王の覚醒』のフランシス・ナム。王道時代劇から活劇まで磨き抜かれた技術で圧巻の世界観を作り上げる彼が、再生数270億回超の「擇天記(たくてんき)~宿命の美少年~」脚本家と奇跡のタッグ! 愛と友情のロマン、息もつかせぬ緊張感、ダイナミックなアクションを絶妙なバランスで紡ぎ出し、猫眼(Maoyan)の熱度ランキングで全Webドラマ最高1位を記録! さらに、Tencentのユーザー平均評点で8.5※、中国のテレビ情報サイト電視猫(TVmao)では9.0※という驚異の高評価をマークし、視聴者の熱狂ぶりを証明! また「白華の姫~失われた記憶と3つの愛~」の美術監督が手掛けた200以上の大規模なセットや、「如懿伝〜紫禁城に散る宿命の王妃〜」の衣装デザイナーによる豪華絢爛かつ精巧な衣装など、ハイクオリティの映像美にも目を奪われること必至! ヒットメーカーの洗練された手腕が光る傑作が完成した!
※2021年8月時点

「原始的な彼女」レン・ヨウルン「芸汐<ユンシー>伝~乱世をかける永遠の愛~」リン・スーイー、「宮廷の諍い女」ラン・シーなど、ライジングスターからベテラン俳優がドラマをさらに勢いづける!

「原始的な彼女」で主演を務め知名度を上げたレン・ヨウルンが、地位よりも片想いの女性と結ばれることを願う心優しい禁軍の指揮官から、母である長公主の悲劇をきっかけにダークサイドに堕ちていく様を繊細な感情演技で体現し新境地を開拓! また、「芸汐<ユンシー>伝~乱世をかける永遠の愛~」リン・スーイー(SNH48)が主人公・薛栄の妹役で登場し、おてんばな魅力を発揮! さらに「寵妃の秘密」シリーズなど話題作に名を連ねるジョン・チー、「宮廷の諍い女」ラン・シー、「酔麗花〜エターナル・ラブ〜」フー・ジュエンなど、フレッシュなライジングスターからドラマに重厚感を与えるベテランキャストの活躍が物語の面白さをより加速させる!

あらすじ

「符(ふ)家の娘を娶れば帝王となる」そんな歌が流行する霊陽(れいよう)の都で、皇帝は流行り歌に乗じて皇位を狙う者を打倒しようと考えていた。養子でありながらも次期皇帝として期待される薛栄(せつえい)は、符家の聡明な長女・玉盞(ぎょくさん)とともにこの任務を託されるが、実は任務完遂後に玉盞を殺して武術に長けた次女・金盞(きんさん)を娶るよう密命を帯びていた。だが、玉盞の知略によって何度も危機を救われた彼は、心が揺らぎ始める。一方、自身の息子を皇帝にしたい長公主は、薛栄の手柄となる打倒計画を阻むべく、玉盞をさらうよう江湖の賊・江紹(こうしょう)に依頼。ところが江紹は、金盞を玉盞と間違えてさらってしまい…?

1 謎の謡諺ようげん

霊陽(れいよう)国の都では「符(ふ)家の娘を娶れば帝王となる」という謡諺(ようげん)が流行し、その噂は都を遠く離れた国境にまで届いていた。都の符家には聡明な符玉盞(ふぎょくさん)と腕自慢の符金盞(ふきんさん)の姉妹がいる。謡諺を聞いた彭沢(ほうたく)国の成(せい)王は使臣を通して符家に縁談を持ちかける。その頃、兵力で彭沢国に及ばない霊陽国は、奪われた三甲(さんこう)城を奪回できずにいた。成王の野心を知った霊陽国の皇帝・薛巍(せつぎ)は符家の娘の輿(こし)入れを利用して成王を暗殺し、成王が守る晋(しん)城を手に入れようと考える。

2 狙われた花嫁

姉の玉盞のふりをして婚礼の馬車に乗り込んだ金盞だが、彭沢国に向かう途中で何者かにさらわれてしまう。金盞の暴挙を知った玉盞が婚礼の隊列に追いついたときには、すでに金盞はさらわれていたため、妹を心配しつつも玉盞は輿に乗り、一行は晋城を目指す。ところが、行く手には刺客が潜伏していて晋王・薛栄(せつえい)は怪我を負ってしまう。刺客の狙いは薛栄のようだ。皇帝の密命を帯びた輿入れだが、背後にはそれを阻止しようとする思惑が動いていた。

3 皇帝の落としだね

金盞は足を滑らせて山から転げ落ちるが、江紹(こうしょう)が身を挺して守ったおかげで事なきを得る。恩義を感じた金盞は気絶した江紹を見守り、さらには江紹が目覚めると成王暗殺の任務を依頼する。2人は使用人に扮して成王府に潜り込み、成王の暗殺を謀ろうとしたところ、驚くべき事実を知るのだった。その頃、薛巍のもとに木牌が届く。それは落とし胤(だね)の証しにと江(こう)氏に渡していた物だった。薛巍は20年が経ち消息を得たことに感動を隠せず…。

4 内通者の証し

彭沢国の成王の要求で婚礼が早まったが、霊陽国の大軍はまだ晋城に到着していない。玉盞は時間を稼ぐため、あえて水風呂に入って体調を崩す。そんな中迎えた婚礼の日。玉盞は薬入りの菓子を食べさせられたが、吐き出したのち、成王に簪(かんざし)を突き刺して眠らせた。成王を使って、己の命を狙う薛栄と交渉するためである。一方、薛巍は成王に情報を漏らした者がいると知って激怒。内通者を捜し出そうとしたところ、思わぬ事態が起こるが…。

5 姉妹の作戦

寿安(じゅあん)公主はお忍びで街に出ていたときに負傷するが、知性あふれる刑部侍郎の張永曜(ちょうえいよう)に救われて好意を抱く。その頃、薛巍は永曜や薛栄の上奏を受け、吉語銭の再調査を決定。再調査を翌日に控える中、金盞が父親・符言信(ふげんしん)の吉語銭を無くしてしまう。実は内通者をおびき出すため、玉盞が考えついた計略だった。玉盞の思惑どおり、内通者は福慶(ふっけい)長公主こそ黒幕だと暴露し、符家に助けを求める。玉盞はさらに策を講じ、福慶長公主を追い詰め…。

6 女将軍に憧れて

女将軍に憧れる金盞は、軍への入隊を許してもらおうと父親にごまをするが、一蹴されたため、ふてくされて家出する。言信に見つかりそうになるも、江紹の口添えでまんまと衛所に潜り込むことに成功。早く手柄を立てたい金盞は、江紹から彭沢国の斥候が侵入したことを聞き、2人だけで捕まえようと強引に話を進める。しかし玉盞の計略によって、屋敷に連れ戻されてしまい、江紹は斥候3人を相手に孤軍奮闘。命の危機にさらされるのだった。

7 替え玉の婚礼

薛巍は病を理由に拝謁を禁じ、息子の薛栄でさえ会えなくなってしまった。不審に思った玉盞らは婚礼の翌日に皇帝に拝謁する慣例を利用して薛巍の安否を確かめようと考える。玉盞と金盞が花嫁衣装を選んでいると、突然、衣装の影から刺客が現れる。玉盞が目的だと気づいた金盞は江紹に姉を託して2人を逃がすも、刺客らと戦う中で川に転落。すると玉盞を追っていた刺客は急に殺意を潜め、玉盞を生きたままいずこへかと連れ去る。

8 偽の玉璽ぎょくじ

李方(りほう)は土壇場での寝返りを福慶長公主になじられたが、先帝の死を目撃した2人の太監(たいかん)を盾に身を守る。しかし甥(おい)の命を脅かされ、真相を公表できない。予期せぬ事態により、薛栄に嫁げなかった玉盞は想いを断ち切るため、婚約の証しの巾着を薛栄に返すことに。一方、薛栄は李方の証言を得ても、聖旨(せいし)と玉璽(ぎょくじ)がないため即位できずにいた。それを知った金盞は、福慶長公主の屋敷から奪った玉(ぎょく)を思い出す。それこそ偽の玉璽の材料だった。

9 金獅子の鍵

鍵のない金獅子を開けて玉璽の行方を探るため、玉盞の指示を受けた金盞は江紹とともに、仕掛けの匠と名高い魯(ろ)先生を訪ねるが、彼は話も聞かずに2人を追い返す。今度は薛栄自ら金獅子を持参して訪問したが、仕掛けが精巧すぎて無理に開けば中に納められた物が駄目になる可能性があるという。意気消沈する薛栄に名案を思いついたと言う玉盞。しかし、刺客とともに魯先生のもとを襲撃した月瑩(げつえい)によって金獅子まで福慶長公主に奪われてしまう。

10 灯籠祭の夜

予期せぬ事態により、皇后になってしまった金盞。婚礼翌日から皇宮を出ようとするが、皇后は毎日、公務を行うのが掟(おきて)だと宋(そう)尚宮に言われて阻まれる。すると金盞は宮中で女子の部隊を作ろうと、宮女たちに武術の指導を始めた。金盞に手を焼いた薛栄は江紹の手を借りて、金盞をおとなしくさせることに。金盞は灯籠祭の夜、江紹から手作りの櫛(くし)をもらい、2人は愛を深め合う。一方、薛栄もある方法で玉盞に愛を伝えるのだった。

11 きん府で待つ者

江紹を追って定(てい)州を訪れた金盞は、江紹の屋敷が博打(ばくち)のかたに取られていることを知って賭場へ捜しにやってくる。博打で負けた借金を払えず、胴元に脅される江紹を見て何とか救い出そうとする金盞だが、江紹が賭場で負け続けたのには訳があった。一方、先帝の恩人である金(きん)夫人に会うため趙(ちょう)州へやってきた薛栄は、曹翰(そうかん)や侍衛らに金盞を捜させ、玉盞と2人だけで金府を訪れる。しかし、招き入れられた屋敷の中は何か様子がおかしく…。

12 願いをかなえる神木

金府を後にした薛栄と玉盞の前に再び陳(ちん)氏が現れる。成王の亡骸(なきがら)の在りかを涙ながらに尋ねる陳氏に、埋葬した場所を教える薛栄。陳氏は気弱な様子で油断させ、毒薬を浴びせかけ、薛栄は目に入った毒薬で失明の危機に陥ってしまう。一方、父親の行方を尋ねて趙州に向かう江紹と金盞は趙県に立ち寄る。早く父親が見つかるようにと神木に願いを掛ける金盞に心癒やされる江紹。しかし、2人が泊まる客桟(きゃくさん)には意外な客が宿を取っていた。

13 愛ゆえの決断

薛栄は玉盞に愛を告白し、実母からもらった玉佩(ぎょくはい)を渡すも拒まれてしまう。傷心のあまり玉佩を投げ捨てたところ、玉盞が必死に捜したため、薛栄は思わず玉盞を抱き締める。一方、江紹は路銀を稼ぐために、ある物を運ぶ仕事を引き受けたが、それが盗品だったことから、金盞とともに役人に捕縛される。そのとき、金盞の行方を追う曹翰がやってきた。すでに江紹との駆け落ちを決意していた金盞だが、曹翰からある話を聞かされ、その心が揺らぐ。

14 過去の真相を尋ねて

金盞は江紹と別れて薛栄のもとへ戻るもふさぎ込み、玉盞と薛栄の仲がうまくいくことを望む。玉盞が井戸に落とされたことで薛栄は“井”の文字にさえ過敏になり、不安で眠ることもできずにいた。愛を貫こうとした金盞や自分を失うことを恐れる薛栄の姿を見て、玉盞は薛栄の愛を受け入れる決心をする。一方、江紹はかつての隣人から母親の死に関わる重大な話を聞かされる。真相を確かめるため、母親の最期を目撃したという知人を求め都へ戻る。

15 望まぬ婚約

永曜(えいよう)は“独幽(どくゆう)”という琴(きん)を贈って玉盞(ぎょくさん)に愛を告げたが拒まれ、意気消沈する。永曜に想いを寄せる寿安(じゅあん)公主は、その様子を見て悲しみを隠せない。その頃、玉盞と永曜の婚約を知った薛栄(せつえい)は、すべて言信(げんしん)の策だと考えて憤る。さらに寿安公主の傷心の理由が永曜だったことから、薛栄は永曜に多くの役目を与えて、玉盞に会えないようにするのだった。一方、江紹(こうしょう)は母親の死の真相を探っていたが、関係者が次々に殺され、手掛かりが途絶えてしまう。

16 遺詔の行方

先帝の実子・江紹の存在を知った福慶(ふっけい)大長公主は李方(りほう)の屋敷を訪れ、江紹の存在を公にすると脅す。江紹の存在を認める遺詔を先帝から預かっていた李方は、遺詔が福慶大長公主の手に渡らぬよう魏浜(ぎひん)に託したが、魏浜の動きはすでに福慶大長公主の配下につかまれていた。追われていると察した魏浜は街で会った江紹に楽譜と偽り、春華(しゅんか)通り丙号に届けてくれと頼む。快く引き受けた江紹は無事に春華通り丙号に遺詔を届けるが、その遺詔を受け取った者は…。

17 親子の再会

薛栄は罹災(りさい)民の慰問と知府(ちふ)の怠慢の実態を確かめるため滎(けい)州に行幸することに。金盞(きんさん)と玉盞もこれに同行したが、その途中、薛栄の実の母親の危篤を知らせる文が実家の柴(さい)家から届く。母親の死に目に会いたいと願う薛栄。しかし薛家の養子になった際、柴家と一切の関係を断つと誓約させられた身には朝廷の監視の目が光っている。もし柴家への訪問が明るみに出れば、皇帝といえども弾劾は免れない。玉盞は悔いのないよう会いに行くことを勧めるが…。

18 恩師に返すあだ

わだかまりが解けた金盞と江紹は二度と離れないと誓い合う。滎州では知府の呉陽(ごよう)が川堤の修繕費を着服し、汚職が露見せぬよう被害状況を偽っていたことが明らかになった。民をないがしろにして私腹を肥やしたことに激高する薛栄は呉陽を厳しく詮議するよう申しつける。しかし、詮議の中で呉陽は汚職は恩師である言信の指示だったと証言した。父親が不正をするはずがないと信じる玉盞は永曜の力を借りて、証言が偽りである証拠を捜し始める。

19 奇妙な同居

玉盞は永曜とともに、父親の汚職の証拠となる手紙を偽造した王大千(おうたいせん)を捕らえる。しかし、衙門(がもん)に護送する途中で賊に襲われ、王大千に逃げられてしまう。途方に暮れる玉盞だったが、呉陽の帳簿が見つかったことから、形勢は一気に逆転する。一方、薛栄から柴蓁蓁(さいしんしん)を託された江紹は親身になって世話をしていたが、その結果、蓁蓁から好意を抱かれ、金盞との恋を邪魔される。さらには、蓁蓁に泣きつかれ、同居するはめになってしまい…。

20 皇宮の火事

江紹に嫁ぐと言い張る蓁蓁を止められず、激怒する金盞。望まぬ相手と結ばれる苦しみがふと口をつく。薛栄は朝臣たちと廃后について話し合おうとするが、結局は反対されてしまう。福慶大長公主は薛栄の想い人が玉盞だと確信し、皇帝と符(ふ)家姉妹の艶聞を都中に広める。噂を鎮静化するため、瞬く間に玉盞と永曜の縁談がまとまり、結納の品も届けられる。一方、蓁蓁が縫う花嫁衣装を目にした金盞はいよいよ追い詰められ、宮殿に火を放ち…。

21 絡まった糸がほどける時

金盞の死を悲しむ人々。妹が薛栄に殺されたと信じる玉盞は彼を冷たくあしらい、永曜の琴に慰められる。その頃、曹翰(そうかん)に殺されかけた金盞は再び都に戻るが、見張りを前に符府には帰れずにいた。江府を訪ねた金盞は幽霊に扮して蓁蓁をからかうが、逃げ出す際に簪(かんざし)を落とす。それを拾った江紹は、金盞が生きていると確信。晴れて金盞と再会を果たすと、蓁蓁は妹みたいなものだと告げ、2人で都を離れて放浪の旅に出ようと誘うのだった。

22 都を離れて

金盞は江紹と都を出ることにした。別れ際にも顔を合わせてくれない父親・言信に心を痛めながらも、江紹と2人、訪ねたい場所でやりたいことをする旅路を楽しむ。金盞を送り出した玉盞は竹林に呼び出され、薛栄から求婚を受ける。ひたむきな薛栄に対し、自分の想いが純粋なものである自信が持てない玉盞は、許婚(いいなずけ)がいることを理由に求婚を拒絶する。それでも諦めきれない薛栄は街に永曜を呼び出し、玉盞との婚約を解消しろと要求する。

23 愛を乞うきんの調べ

天香琴苑(てんこうきんえん)で玉盞との逢瀬をお膳立てした永曜だが、寿安公主ばかりか薛栄までやってきて思うようなときを過ごせない。玉盞のために準備した琴を演奏するが、曲名を聞いた薛栄は演奏を止めてしまう。一方、旅路の金盞と江紹は偶然出会った老人から、海の向こうには1日中、日の沈まない土地があると聞く。興味を持った金盞は、次の目的地は海の向こうだと心を躍らせる。しかし、突然、朱小北(しゅしょうほく)が届けに来た福慶大長公主からの文には意外な内容が…。

24 ゆがめられた遺言

福慶大長公主の愛息・懐瑾(かいきん)が刑(けい)部に引っ立てられた。懐瑾自ら先帝を殺(あや)めたことを認めたと耳にした月瑩(げつえい)は、ひそかに慕う懐瑾を救うため先帝の死の真相を聞かせてほしいと福慶大長公主に懇願。福慶大長公主がその一部始終を語り終えた瞬間、部屋の隅に隠れていた薛栄と永曜が現れて、福慶大長公主は先帝を見殺しにした罪で投獄される。終生幽閉となった福慶大長公主は、先帝の実子・江紹を皇帝に擁立するという願いを懐瑾に託そうとするが、なんと月瑩は…。

25 旅路の終わりの家

江紹から手作りの贈り物を渡され求婚を受けた金盞は、喜んでこれを承諾。さっそく花嫁衣装を買うために蓁蓁と街に出ると、顔を隠していたものの、通りかかった懐瑾に気づかれてしまう。慌てて金盞を連れ去ろうとする蓁蓁をよそに、金盞は懐瑾に今の住まいの場所を明かしてしまうのだった。一方、薛栄への想いを断ち切ろうと思い出の短冊も焼き捨てた玉盞。寿安公主から永曜の心を弄ぶなと非難されると、ある決心を胸に永曜のもとに向かう。

26 通い合う想い

符府へ帰った金盞は折檻(せっかん)を受けたばかりか江紹とも引き離されるはめになった。だが2人の未来を示すことで父親から婚姻の許しを得ることに成功し、婚礼の準備を進める。金盞と江紹の逢瀬を盗み見た玉盞は、薛栄しか愛せないことを悟り、想いを伝える口づけを贈るのだった。一方、玉盞に別れを告げられた永曜は酒で憂さを晴らしていた。泥酔したあまり、寿安公主を玉盞と間違えて純潔を奪ってしまう。永曜はけじめをつけて寿安公主との婚姻を申し出る。

27 扳指はんしわな

大雨に打たれる荒れ寺で、怪我を負った薛栄を抱き締めながら、玉盞はずっと追い求めていた純粋な愛を手に入れたことを知る。永曜との婚約が白紙に戻り、さらに噂が消えたおかげで、薛栄との仲を阻むものはなくなった。晴れて入内する日を迎え、玉盞は皇后としての一歩を踏み出すのだった。その頃、江紹は懐瑾の仕掛けた罠(わな)にかかり、母親殺しの黒幕を言信だと思い込んでいた。金盞との婚礼が刻々と迫る中、ついに夜襲をかけるが…。

28 名前のない位牌いはい

婚礼を終えたら江紹とともに都を離れる予定の金盞だが、言信が刺客に襲われたことは気掛かりだった。江紹を婿として受け入れた言信は、金盞の思い出の品を江紹に渡し、娘を託す。しかし、婚礼を前に江紹の表情は暗い。一方、薛栄は重陽(ちょうよう)節を前に蓁蓁を宮中に呼び寄せて、ともに両親の供養をしたいと願っていた。しかし父親の死は薛栄のせいだと考える蓁蓁の心はかたくなだ。心を開かない蓁蓁に玉盞は、薛栄が名前のない位牌(いはい)に祈る姿を見せる。

SELL

17,600円(税抜16,000円)

GNBF-5605/第1話〜第14話/4枚組

  • ●アウターケース付き
  • ●封入特典:リーフレット(4P)
  • ※特典内容はすべて予定です

17,600円(税抜16,000円)

GNBF-5606/第15話〜第28話/4枚組

  • ●アウターケース付き
  • ●封入特典:リーフレット(4P)
  • ※特典内容はすべて予定です

17,600円(税抜16,000円)

GNBF-5607/第29話〜第40話/3枚組

  • ●アウターケース付き
  • ●封入特典:リーフレット(4P)
  • ●映像特典:メイキング・キャストインタビュー(予定)
  • ※特典内容はすべて予定です

RENTAL